ABB Formula E 2019 Rd.9 Monaco E-Prix #ABBFormulaE

伝統のモナコで行われた、第9戦。Formula E、モナコでは3回目の開催。シーズン前にはF1と同じコースという情報もありましたが、実際にはFormula E用のショートコースとなり、F1のほぼ半分の距離、Formaul Eで1周50秒台というフォーマットになりました。

レースは、Formula Eとしては整ったコースであまり荒れず、テチータのベルニュがポールトゥウインで、優勝、今シーズン2回優勝した初めてのドライバーになりました。日産のローランドが2位これで今季2度目の表彰台、ベンチュリのマッサがここで3位初表彰台となりました。日産のブエミは、今回は無事完走して5位入賞、20位からスタートとなったロッテラは7位でポイントを確保しました。また、6位フィニッシュした、アンドレッティのダ・コスタは終盤のパワーオーバーによる失格、AudiのアブトはNIOのターベイとの接触でレース後33秒のペナルティが課され、8位入賞でしたが、15位まで後退しました。ロッテラーは、義務化されている2回のアタックモードをトラブルで使えませんでしたが、こちらはお咎め無しという事になったようです。

フォーミュラEモナコePrix決勝:ベルニュ今季2勝目。マッサ、遂に表彰台に上がる

フォーミュラE 2018 第9戦モナコePrix | Results | Motorsport.com

ベルニュはこの優勝で、再びチャンピオンシップ1位に、1ポイント差でロッテラー、首位から6ポイント差でフラインスとなっています。

チームは首位テチータが173ポイント首位、ヴァージンが2位で135ポイント、Audiが3位で129ポイントとなりました。

フォーミュラE 2018 ドライバーステンディング | Motorsport.com

フォーミュラE 2018 チームスタンディング | Motorsport.com

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください