Cities: Skylinesがマジで時間泥棒過ぎる(褒め言葉)

昔からSim City系は大好きというか、Sim City中毒なので、この手の都市開発シミュレーションは何度もその時間と気力の泥棒ぶりに悩まされてきたので、Cities: Skylinesは発売当初から気になってはいたものの、手を出したら沼って心に決めて購入を控えてきました。

しかしながら大変喜ばしい残念なことに、Steamが先週末の3日間無料プレー開放などしたため、ついうっかり手を出してしまいました。そして案の定ドハマリして、フルバンドルパックご購入ですよ。54%とかなっているのも良く無い。

何が素晴らしいって、有志の皆様の翻訳Modのおかげを持ちまして、何の言語的な躊躇もなく日本語でプレイできてしまいます。そして、ゲーム自身も最新版本家Sim Cityを期待しつつプレイしたときの、あれこんなんだったけ?というものが全くと言ってないそのゲームシステムは完璧です。至高と言って良いSim City 2000のゲームシステムを踏襲しつつ、あぁここはなおして、ここはこのままにして、これあったらいいよねが完璧に備わっています。制作者達のSim City愛がひしひしと伝わってきます。

また、もともと鉄道経営シミュレーションを作った会社だけあって、交通系も充実しています。ただA列車で行こう程細かいダイヤ設定や資源管理などはしなくても良いので、都市開発シミュレーションとしてはちょっと細かすぎないぐらいの感じです。

楽しすぎて、気づくと4時間ぐらいぶっ通しでプレイしていて、その後ぐったりという。全くの時間泥棒です。

プレイに関しては以下のWikiを参考にさせていただいています。

Cities:Skylines攻略情報wiki

という事で、犠牲者を増やしたいので、みなさん買いましょう。

Steam で 75% オフ:Cities: Skylines

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください