CoreCLR is now Open Source

CoreCLR is now Open Source.

CoreCLRのソースが公開されました。CoreCLRは.NETの実行エンジンで、ソースにはGCやRyuJITのソースコードが含まれています。

現状は基本的にWindows上でのみ動作するようになっていて、Mac, Linux向けに動作するよう今後数ヶ月かけてコードが追加されていくようです。

全体で260万行、そのうちGCが55,000行、JIT320,000行という感じらしいです。

ソースコードは以下のGitHubのレポジトリです。

https://github.com/dotnet/coreclr.git

ビルド方法は以下のWikiページに書かれています。

ビルドにはVS2013, cmakeが必要になっているようです。

https://github.com/dotnet/coreclr/wiki/Developer-Guide

コメントを残す