Forza Horizon 5: Let’s ¡Go! – Episode 3 #ForzaHorizon5

Forza Horizon 5 Goes In-Depth on Car Audio & Engine Sounds – FullThrottle Media

以下雑訳。

開発元のPlayground Gamesは、3回目となる「Forza Horizon 5 ¡Let’s Go」ライブストリームで、オープンワールド・ドライビング・フランチャイズの最新作で改善されたカーオーディオとエンジンサウンドを紹介しました。

イギリスのスタジオには、「Forza Horizon 5」のクリエイティブ・ディレクターであるマイク・ブラウン氏とリード・オーディオ・デザイナーのフレイザー・ストラカン氏が参加し、特定の車のエンジン音を録音し、ゲーム内でその音声を生成する際にチームが採用した新しい技術とプロセスについて詳しく説明しました。私たちはこの技術を実際に見ることができただけでなく、『Forza Horizon 5』のさまざまな車両でその結果を見ることができ、その結果は驚くべきものでした。

登場する車は、トヨタ スープラ、ランチア ストラトス、ランボルギーニ フラカン、フォード GT、メルセデス AMG Project ONEなど、ゲーム内で紹介されている車が多く含まれています。象徴的な乗り物が目白押しで、エンジン音も神々しいほどです。

これらの改良を実現するために、「Forza Horizon 5」では、新しいモジュール式エンジンアップグレードシステムを採用しています。このシステムでは、装着したパーツに応じて、車が発するすべての音をミックスします。エグゾースト、ターボ、インテークなどのパーツを装着することで、音をさらに調整することができます。また、新しいユーザーインターフェースにより、車をカスタマイズしながらこれらの変化を聞くことができます。「Forza Horizon 5」では、何百もの新しいエンジンスワップが導入されており、これらは適切なケースで車に適用することができます。エンジンやパーツの選択によって、あなたの車は他の車とは一線を画すサウンドになります。

Playground社は、『Forza Horizon 5』の物理現象から音響効果まで、すべてのサウンド体験を改善しました。複数の車が並んでレースをしているときにエンジン音が自然に混ざるようになったり、コンバーチブルを運転しているときの音がルーフの上下に応じて変化するようになりました。さらに、カメラの選択に応じて車の音がダイナミックに変化するようになったので、コックピットビューで運転しているときは、今までとは違った、しかし適切な体験をすることができます。

また、Xbox Series X/Sでプレイする際には、オーディオの圧縮率が低くなるため、より高いビットレートとクリーンなサウンドエフェクトが期待できます。サウンドスケープにもレイトレーシングが採用されています。世界のあらゆるものを正確にトラッキングすることで、オーディオが現在の環境にフィットし、常に周囲の環境にダイナミックに適応します。

マップについては、次回の「Forza Horizon 5 ¡Let’s Go!」ライブストリームで、無限の可能性を秘めたメキシコを形成する11のバイオマスを巡るツアーガイドを予定しています。

Forza Horizon 5」は、11月9日にXbox Series X|S、Xbox One、Windows PC、Steamで発売されます。また、同日、Xbox Game Passでも追加料金なしでお楽しみいただけます。また、11月5日のプレミアムエディションでは、本作にいち早くアクセスできます。それまでの間、『Forza Horizon 5』について見逃しがちな10の事実と、ゲームに登場する大気、空、照明技術を掘り下げた前回のライブストリームを振り返ってみましょう。

コメントを残す