Forza Motorsport 7 Hoonigan Carpack #Forza7

情報源: Forza Motorsport – Forza Motorsport 7 June Update

デジタル版の先行予約得であったHooniganカーパック俄然ユーザーに開放され購入できるようになったほか、このカーパックはカーパスに含まれます。

1965 Hoonigan Ford “Hoonicorn” Mustang

ケン ブロックのジムカーナ7に登場した1965年式マスタングのカスタムされたものをさらにカスタムしたビーストです。もともとAWD化され、845馬力のエンジンを積んだモンスターが、さらに、エンジンはエタノール混合燃料供給の6.7リッターツインターボエンジンに換装され、愛国者カラーが塗装しなおされたこのマスタングは、控えめに見積もって1400馬力を発揮します。

1992 Hoonigan Mazda RX-7 Twerkstallion

Hert’s TwerkstallionはシボレーLS V8エンジンを積んでいますが、Hooniganのガレージはあとでターボチャージャー付きロータリーエンジンに換装していますが、ゲームでもこれが可能になっています。LSのパワーが意味するところは、アイドリングからレッドラインを叫ぶまでの大規模なトルクです。パワーを落として文字通りドリフトするように作られています。RX-7 FCは軽量さと信じられない重量配分によってドリフト車中のドリフト車になっています。

1991 Hoonigan Rauh-Welt Begriff Porsche 911 Turbo

Brian Scotto、Ken Block、HooniganのPRポイントマンが夢のポルシェを作ろうとRWBの中井啓氏を訪ねて作り上げられたのがこの911です。ターボチャージャー付き水平対向6気筒エンジンはそのまま残されていますが、サスペンションはFifteen52ホイールセットを受け入れるだけでなく、グリップを犠牲にすることなく滑らかな乗り心地を提供するために高度に改造されています。完成した直後に850マイル走行した後、ラスベガスのSEMAショーでデビューしました。

1978 Hoonigan Ford Escort RS1800

ロケバニ製ワイドボディのボンネットの下にはMillington Diamond Series IIエンジンが搭載され、そのエンジンはアルミ合金製のエンジブロック、ヘッドを持ち、重量は200ポンドを切り、自然吸気で9000 rpmのレッドラインに向かって333馬力を出力します。

1972 Hoonigan Chevrolet “Napalm Nova”

HoonigansのBrian Scottoの “Napalm Nova”の場合のように、時にはエッジの周りの粗い部分が完成した部分よりも滑らかである場合よりも優れています。獣の腹の中でAME GT Sportのサブフレームを使ってステアリングジオメトリを変えて、このノヴァをドラッグストリップと同じくらい快適にしています。デッキフードの状態が分かるように、この大きなブロックシェビーの動力付き獣の意図は、「すべてのタイヤを殺す」ことです。このビルドでは、輝きと光沢を探しに来ないでください。車の愛された伝統をすべての場所で輝かせます。

1955 Hoonigan Chevrolet Bel Air

Gasser時代は1950年代に始まり、ホットローダー達がスピードを競っていました。Gasser達はエタノールやニトロを使わずにシンプルにガソリンだけを使用していました。その外観は特徴的で、軽量化のために外せるパーツは外し、交換できるものは交換した上で、タイヤが地面を引っかけるように駆動輪である後輪に重量がかかるように前輪側をジャッキアップしています。Hoonigan GarageのJon Chaseは、この好きなバスケットケースのBel Airを見つけ、すぐにそれをローラーにしました。「Tri-Five By Fire」は、チェイスが絶えず進化し続けている創造物に名前をつけたものです。自動車の世界では、Tri-Fiveは1955-56または57 Chevy Bel Airsを指し、タイトルのBy Fireは両方の足でプロジェクトに飛び込んでそれを実現する課題を語っています。

Hoonigan Holden Commodore Ute

Uteの目標が実用的であれば、オーストラリアのフォーミュラドリフトスターJosh Robinsonはそれを手に入れません。彼が非常に明確に理解しているのは、すべてのタイヤを破壊し、この1000プラスマートのHolden Commodore Uteのゴム煙の中で消える方法です。Uteは、技術的にはトラックであるため、Pro 2クラスの2017年のフォーミュラドリフトのいくつかの選択ラウンドで競争するための特別な承認が必要でした。しかし、それは競合する自動車に似たユニボディであるため、許可されました。Uteは、スーパーチャージされ、重くマッサージされたLS3を特徴としています。UteはHSV V8 Supercarフロントバンパーを備えており、フルカーボンファイバーワイドボディキットを補完します。だから、Strayaのyer仲間のためにそれを使い、いくつかのタイヤを煙る。彼らはその考えを高く評価します。