Git for Windows 2.22.0 リリース

情報源 Release Git for Windows 2.22.0 · git-for-windows/git

機能改善

  • Git v2.22.0への追従
  • Git for Windowsに含まれるawkには、インプレースなどの拡張機能が含まれるようになります。
  • インストーラのexeのバージョン番号がGitのバージョンと一致するように変更しました。
  • OpenSSH v8.0p1へのアップデート
  • Git LFS v2.7.2へのアップデート
  • Msys2ランタイムのアップデート
  • 実験的な試みとして、git add -iとgit add -pの高速化
  • PortableGitにメタクレデンシャルヘルパー、つまり利用可能なクレデンシャルヘルパーのどれを使用するかをユーザに選択させるGUIが付属しています。 これは、サムドライブからポータブルGitを実行するときに、他の人のマシンに資格情報を保存しないようにするのに役立ちます。
  • gawk v5.0.0へのアップデート
  • Git Credential Manager v1.19.0へのアップデート
  • git-flow v1.12.3へのアップデート
  • OpenSSL v1.1.1へのアップデート
  • 特にWindowsパスを処理するように修正されたGNU Privacy Guard v2.2.16が付属しています。
  • cURL v7.65.1へのアップデート
  • Heimdal v7.5.0へのアップデート

バグの修正

  • Windows用のGit for updaterがアクセス可能になりました。つまり、スクリーンリーダーで読むことができます。
  • git update-git-for-windows(つまり、Git for Windowsの自動アップデータ)は、GitHub APIにアクセスできなかったときに正しく報告するようになりました。
  • Git for Windowsのアップデータは、GitHub APIのレート制限には達しません(これは、GitHubに関する限り、多くのユーザーが1つのIPを共有することになる企業のシナリオでは非常に一般的でした)
  • など

詳細、ダウンロードは情報源まで。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください