Git for Windows 2.36.1リリース

Git for Windows 2.36.1

今後の変更点

Git for Windows 2.36.0のリリース後、すぐに同梱のbashをバージョン5.1(現在は4.4)に更新する予定です。あなたのシェルスクリプトに互換性の問題がないかどうか、確認してください。

Git for Windowsは、Git for Windows 2.36.0がリリースされた直後にWindows Vistaのサポートも終了する予定です。2023年の初めごろ、Git for Windowsは、CygwinとMSYS2に続いて、Windows 7とWindows 8のサポートを終了します(Git for Windowsは、BashやPerlなどのコンポーネントについてMSYS2に依存しています)。

新機能

  • Git v2.36.1への追従
  • 新しいWindowsバージョンでは、Gitはフルカラー機能を持つWin32コンソールを想定するようになりました。これは、例えばNeoVIMがGitのエディターとして設定されている場合に役立ちます。
  • OpenSSH v9.0p1へのアップデート
  • 長いパスが原因で git clean に失敗した場合、Git は core.longPaths を設定するようユーザーに助言するようになりました。
  • cURL v7.83.0へアップデート
  • Git Credential Managerのバイナリは、ダッシュ付きコアGitのプログラムと同じ場所にはインストールされなくなりました。これにより、コアのGit実行ファイルとサードパーティが提供するGit実行ファイルがより明確に分離されます。
  • Git Credential Manager Core v2.0.696へアップデート
  • OpenSSL v1.1.1oへアップデート
  • Cygwin 3.3.4 ベースの MSYS2 ランタイム (Git for Windows flavor) のパッチレベル4が付属しています。
  • その他バグ修正。

詳細ダウンロードは一番上のリンク先をご確認ください。

コメントを残す