Git Source Control Provider Version 1.1

Git Source Control Provider – Home.

Git Source Control Provider(gitscc)がVersion 1.1になりました。

拡張機能と更新プログラムから交信またはインストールが可能です。

まず大きな変更点がLaurent KempeさんのGitDiffMarginの追加です。

これは以下の図のように、Gitのリポジトリと比較し、変更のあった行の左側が水色になり、マウスカーソルをそこにホバーさせると指先アイコンに変わります。

gitscc20130223_01

指先アイコンをクリックすると、現在リポジトリにあるコードがポップアップ表示されます。

下の図に説明があるように、左上のボタンを操作することで返納をレポジトリの内容に戻したりすることが可能です。

gitscc20130223_02

そのほかは、ソリューションエクスプローラーでGitのステータスが更新されたり、バグフィックスとなっているようです。

コメントを残す