Hyper-V環境へのウイルス対策ソフトウェアの適用について

Virtual PCGuy’sが書いております

Virtual PC Guy’s WebLog : Antivirus and Hyper-V (or: Why can’t I start my virtual machine?)

斜め読みして概略をまとめると以下の2点のようです。

  1. 入れるな!
  2. 入れる場合はHyper-V関係のファイルとディレクトリを除外しろ。

ということのようです。2.のケースで具体的に何を除外するかは上のリンク記事を参照してください。

まぁ予想通りとはいえ、どうにかならないかと思う人も多いでしょうね。お金のこともあるし。

基本的にはゲスト側で個別対応するしかないと思います。

(基本的にはHyper-Visor上の各環境は分離しているので、仮想ネットワーク越しでの場合以外それらの間での感染はないはずだけど、無いとは言い切れないよねっていうのもある。また、ウイルス対策ソフト側でも仮想環境込みの包括的なライセンス体型がいるんじゃないかな)

コメントを残す