I18N: 令の字にUNICODEのコードが2つあったはなし

めでたく、新元号が「令和」となったわけですが、令に「令(U+4EE4)」と「令(U+F9A8)」が有る事がわかりました。とは言っても、基本的に後者の方はCJK互換漢字に分類され、U+F900 – U+FA0Bは韓国の文字コード企画KS X 1001との往復変換を可能にするために追加された文字(一部文字はJIS X 0123と共有しているがこの字は異なる)なので、「令和」の場合、後者を使用することは無さそうと言うか、UNICODEへの収録意図から使うべきでは無いでしょう。

という事で、UNICODE正規化で文字が変わるという事もなく、これで安心。

さて、Windowsの標準フォントや、IPAフォントのへの合字の方のフォント収録はいつ頃になるんでしょうね :P

[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)
価格: 2,894円
出版社 技術評論社; 改訂新版;第2版 (2018/12/28)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください