I18N : 僕らの国の中にある多言語の問題

Whither アイヌ・イタㇰ (Ainu)? – Sorting it all Out – Site Home – MSDN Blogs

The message I received the other day via the Contact link was:

Dear Mr. Michael S. Kaplan,

We see Microsoft created Language Interface Packs for near extinct languages like Irish and locales for endangered langages like Sami. We would like Microsoft to consider creating a locale for Ainu, a language of the island of Hokkaidō. Most of us from Hokkaidō only can read and write Japanese due to policies that discriminated for many years, but we see that Meiryo, Meiryo UI, MS UI Gothic, MS ゴシック, MS Pゴシック, MS 明朝, and MS P明朝 fonts all support extended Katakana used for Ainu. Can Microsoft take the additional steps to support Ainu?
I am Ainu. Our language is dying, but this does not have to be. A new life in Windows can save us.

Thank you for reading this communication and sorry for the poor English.

翻訳してみます。

親愛なる。ミシェル S. カプラン様

我々はマイクロソフトが失われつつある言語、たとえばアイルランド語や、失われてしまったSamiのような言語の言語インターフェイスパックを作るのを見てきました。我々はマイクロソフトに北海道という島の言語であるアイヌ語のロケールを作成していただきたいと願っています。北海道に住む我々は長年による差別的な政策のため日本語化しか読み書きできません。しかし私たちはメイリオ、メイリオ UI、MS UI Gothic、MSゴシック、MS Pゴシック、MS 明朝、そしてMS P明朝フォントがアイヌ語で使用される拡張されたカタカナがサポートされされていることを見てきました。マイクロソフトはアイヌ語のサポートのために次なるステップに踏み出すことができますでしょうか?

私はアイヌです。我々の言語はなくなりつつありますが、無くしてはなりません。Windowsによってもたらされるアイヌ語の新しい命が我々を救うことができます。

つたない英語におつきあいいただきありがとうございました。

確かに僕らの国には「日本語、やまとことば」以外の言語存在する。かろうじて現存し学術的にも文法や語彙が整理されている言語としては「アイヌ語」と「琉球語」がある。日本が単一民族かと言えばそれは違うし、長い歴史を見ればこの国の成り立ちは大和から北九州に分布する「民族」による関東東北地方への征服と同化の歴史であり、その最終的な仕上げとも言うべき物が明治政府による琉球王朝の廃止と沖縄県の成立、アイヌ民族に対する同化政策だったこともわかる。そういう点では5世紀から今日までの間に失われた言語もアイヌ語や琉球語以外にも存在するはずだ。

本来ja-jp以外の日本国の言語の保存や、そのための計算機上でのサポートは僕ら日本人自身が行うべきだと思うし、このことについて自分があまりにも無関心だったとはっとさせられた投稿だった。

少なくともWindowsに関してはどうにかなりませんか?

One thought on “I18N : 僕らの国の中にある多言語の問題”

  1. これを政治運動にしちゃうと日曜日の新宿のように無駄に騒いだあげく何も残らない(大量のタバコの吸い殻だけが路上に残る)という結果になってしまうが、
    純粋に学術的目的を持って言語の保存を目指すなら共感を得られやすいし、とても大切な事だと思う。
    特に琉球語なんかは古日本語(プロト大和言葉)に非常に近い事が近年分かってきてるし、ヤマトンチュウーの我々にとっても非常に有意義な事のはず。

    ・・・と偉そうな事を言いつつ個人では何もできないので、MSさんに淡い期待を抱くしかないね。

コメントを残す