I18N : ATOK 2014の異字体(IVS)対応

ATOK 2014が発売されましたが、皆さん今年のATOK税はもうお支払い済みですか?

冗談はさておき、今年もATOKがバージョンアップされました。今回の2014での機能向上点の一つにIVS対応があります。

対応点としてIVSをちゃんと認識する、辞書登録、学習すると言うはもちろんとして、他に二つ改善点が有り、辞書の改善と指摘機能の強化です。

辞書の改善では人名と、郵便番号辞書にIVS辞書の追加、指摘機能の強化として、変換候補にIVSが存在する場合にその旨が指摘されるようになりました。

デフォルトではIVS辞書は有効では無いので、ATOKのプロパティから有効にする必要があります。

SnapCrab_ATOK プロパティ_2014-2-16_23-38-1_No-00

指摘機能では、IVSの場合のみ指摘をするオプションが追加されました。

SnapCrab_ATOK プロパティ_2014-2-16_23-37-27_No-00

こんな感じで指摘されます。

IVS20140217

また、変換中に対象文字が反転中にHOMEキーを押すことで、IVSパレットの表示が可能です。

IVS20140217_2

と言うことで、ATOKもIVS対応したので、Word 2013との組合せも最高ですね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください