INDYCARはHALOではなく、ウインドウシールドを来シーズンから採用

Partnering with Red Bull Advanced Technologies, INDYCAR is developing the Aeroscreen for implementation in the 2020 NTT IndyCar Series season.

情報源: INDYCAR announces plan for cockpit protection innovation

IndyCarはこのIndyから暫定的な飛来物対策を追加してきましたが、来シーズンからは本格的な対策に乗り出し、ウインドウシールドを採用することを発表しました。

この新しいウインドウシールドは、IndyCarとRed Bull Advanced Technologiesとの共同作業により開発され、チタン合金製のフレームを骨格として、その外側をポリカーボネイト製のウインドウシールドで囲むような形になります。このウインドウシールドは反射防止用のフィルムを挟んだ二重構造となり、内側には曇り防止用のヒーティング機能を備えています。このウインドウシールドにより、コクピット内に風が入ってこなくなるので、コクピット冷却のためにダラーラ製ボディにはコクピット冷却用の装置がオプションとして付加されるようです。強度的にはF1のHALOと同じ耐荷重が150KNとなります。また、ウインドウシールドはGTカーと同じように防汚フィルムを貼ることができ、ピットイン時に同様に剥がすことが出来ます。コクピット全体をポリカーボネイトを覆うことで、細かい飛来物からもドライバーを守ることが出来ます。これは常に360km/hを超える速度でオーバルコースを走行する(それ故に酷いクラッシュが発生する)IndyCarでは必要なことだと思います。