INDYCAR 2022年よりシングルソースハイブリッドシステム導入へ

Onboard starters, more horsepower, stronger push-to-pass better for all.

情報源: New for INDYCAR 2022: Single-source hybrid system</p

ホンダもしくはシボレーの内燃機関と組み合わされ合計900hpの出力となるようです。F1のようなMGU-KやMGU-Hではなく、基本的に回生ブレーキからの蓄電のみ(なのでシングルソース)となる模様です。INYCAR的にはこれで追加のエンジン供給元の参加を期待しているようで、TOYOTAを復帰させたいのかなと言う感じ。

ハイブリッドはプッシュトゥパスのシステムに組み込まれ、追い越し時の追加パワーとして使用されることになるようです。また、ハイブリッドシステムにより外部スターターが必要なくなるので、トラブル時に、ドライバーが復帰しやすくなるという利点もある模様。

2020年、2021年は現行のレギュレーション元ホンダとシボレーがエンジン供給を続けていくとのこと。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください