IpcChannelは本当に高速なのか その2

前回の計測ではIPCを使用したほうが遅いという結果だったのですが、動作環境がVirtual PC上であったため、現実の環境でない影響が大きかったのではにかと思います。
今回は日本語版の登場に合わせ、実記での環境で同じ調査を行いました。
調査環境:
PC:
VAIO TR(PCG-TR3/SP)
Pentium M 1GHz / DRAM 1GB
開発環境:
Visual Studio 2005 Team System Beta2 (Japanese)
試験方法:
TcpChannelとIpcChannelそれぞれで簡単なクライアントのメソッド(カウントアップ)を1000回呼び出す処理を10回行う。
調査結果:

IPC(ms) TCP(ms)
1回目 350 1回目 500
2回目 240 2回目 450
3回目 230 3回目 470
4回目 240 4回目 460
5回目 230 5回目 440
6回目 230 6回目 440
7回目 230 7回目 430
8回目 240 8回目 430
9回目 230 9回目 440
10回目 230 10回目 430
平均 245 平均 449

考察:
今回は順当にIpcChannelのほうが早い結果になりました。やはり前回の結果はVirtual PC上の特別な値だったということでしょう。
結論:
IpcChannelは約束どおりTcpChannelより高速。

コメントを残す