ITmediaアンカーデスク:“フリーサイズWindows”の時代が終わる

ITmediaアンカーデスク:“フリーサイズWindows”の時代が終わる

同社によると、2007年にリリースが予定されているLonghornでは、Windowsを個々の“役割別”バージョンに分けて提供する。これらのバージョンは、それぞれに与えられた特定の任務をこなすのに必要なコードのみ備えたものになる。Windowsにおける、モノリシックな“フリーサイズ”アプローチが、ついに幕を閉じるということのようだ。

何か初耳という感じです。ただ現在のWindows XPもMCEやTabletという形で部分的ながらすでに役割別になっているともいえます。

Microsoftは、単にWindowsの役割別バージョンを販売する形より、むしろ、Windowsのどの中核要素をインストールするかの選択を、システム管理者に委ねる方式を取るかもしれない。

これは解ります。現状のEmbededでとっている方法を拡大するということですね。
一般に定型業務だけこなせばいいPCにメディアプレーヤー、(アプリケーションとしての)IEは必要ないわけで、はずしてインストールできるに超したことはありません。(現状はグループポリシー等で制限することはできます)
また、こういった業務別に機能を制限したエディションを用意することで、企業等では導入コストを低くすることができるかもしれません。
それでも一個人としてはフルセットのWindowsが供給されることを願っています。選択と拡張こそがPC最大の機能だからです。

コメントを残す