iTunesのライブラリをZuneに読み込ませる際の注意点

ZuneソフトウェアではWindowsライブラリ機能を使ってMP3等の楽曲ファイルの管理が行えますが、アルバムやアーティストと言った曲情報をID3タグのVer2.xでしか読み込めないようです。このため、iTunes側ではじめにID3タグのつけ直しを行ったほうが良いようです。少なくとも私の環境ではiTunesでMP3化したファイルは正しくZune側でアルバム等が表示されず、不明なアーティスト、不明なアルバムとなってしまいました。

iTunesでID3タグのバージョンを変更する

まずはiTunesでID3タグの変更を行います。

image

楽曲を選択して右クリックし、ID3タグを変換を選択します。

image

上の図のようにID3タグバージョンにチェックを入れ、右側のプルダウンからバージョンを選択します。(私は2.3にしました。)

Windows Media Playerでライブラリの再読み込みをする

そう、Windows Media Playerです。

image

上の図のように整理→ライブラリの管理→音楽を選択します。

image

OKをクリックするとWMPがライブラリの再読み込みを行います。このとき、iTunesで管理している楽曲ファイルのフォルダが上のライブラリに追加されていなかったら追加します。

image

上の図のようにステータスバーに楽曲の読み込み中であることが表示されるので、これの更新が終わるのを待ってWMPは終了します。

以上の作業をWMPで行うのはZUNEソフトウェア側にライブラリに再読込機能が無い(無さそう)だからです。

Zuneソフトウェアで確認

Zuneソフトウエアを起動して、iTunes管理の楽曲がZuneでも表示、再生が可能なことを確認します。

image

コメントを残す