kanonをさくらVPS上にインストールした その2 Gitインストール

さてその2です。

kanonはGitをサポートしている物のGit自体はインストールしてくれません!(SVNもHgもbzrもインストールしてくれるのに!まぁでも後述するように入らないのも仕方が無い。)

まぁ、そこはさくっと自分でインストールしましょう。

CentOSなので普通はこうですよね。

$ yum install git
Loaded plugins: fastestmirror
You need to be root to perform this command.

しっかりエラーです。標準で設定されるレポジトリにはパッケージが含まれていないようです。webtaticというパッケージのレポジトリを追加します。


$ sudo rpm -ivh http://repo.webtatic.com/yum/centos/5/uname -i/webtatic-release-5-1.noarch.rpm
http://repo.webtatic.com/yum/centos/5/x86_64/webtatic-release-5-1.noarch.rpm を取得中
警告: /var/tmp/rpm-xfer.W6J6GP: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID cf4c4ff9
準備中... ########################################### [100%]
1:webtatic-release ########################################### [100%]

ここまで行けばいつも通り。


sudo yum install git

これで必要なパッケージをインストールしてくれます。


$ git --version
git version 1.7.4.1

めでたし、めでたし。

あと、コマンドラインで使うと便利なGitブラウザなtigとか便利らしいので入れてみるといいよ。

まずはncursesのインストールが必要なようなので入れます。


$ su
$ yum install ncurses uname -i -y
$ yum install ncurses-devel uname -i -y

tigのインストールします。tigは最新版をダウンロードするようにします。(ここhttp://jonas.nitro.dk/tig/releases/を参照)


#まずはtarボールのダウンロード
$ wget http://jonas.nitro.dk/tig/releases/tig-0.18.tar.gz
#解凍
$ tar -zxvf tig-0.18.tar.gz
#make
$ cd tig-0.18
$ make
$ make install

以上で終了です。

One thought on “kanonをさくらVPS上にインストールした その2 Gitインストール”

コメントを残す