Linux Integration Componentsが普通にダウンロード可能に

Hyper-V上でLinuxをネイティブなゲストOSとして動かすためのドライバ、カーネルパッチです。

今までConnectでの提供となっていたものがMicrosoft Downloadから落とせるようになったということのようです。

Download details: Linux Integration Components

相変わらず正式サポートはSUSE Linux Enterprise Server 10 SP2 のみ。

まぁこの前の話もあったので、そのうちにRHELにも対応するものと思います。

コメントを残す