MicrosoftからWindows 7のセンサーAPIに対応したGPSレシーバが発売される模様

Making Windows 7 Location “Aware” with u-blox Products – Windows Experience Blog – The Windows Blog

上のBlog記事によると、u-bloxのGPSレシーバモジュールが正式にWindows 7のセンサーAPIに対応したドライバを提供し、そのモジュールを使用したUSBのGPSレシーバをMSが発売するようです。

今となってはGPSの設置面積は非常に小さい(腕時計に入るぐらい!)ので、ノートPCメーカもコストダウン厳しい折とはいえ是非標準で搭載してほしいところ。特に持ち運び前提の薄型とか、ウルトラモバイルなどは是非対応してください。貴重なUSBポートはふさがれちゃうし、出っ張っていると危険なので。

あと、通信事業者の皆さん、USBの通信モジュールにGPSとか温度センサーとか、加速度センサー仕込みませんか?きっとおもしろいアプリケーションをサービスの付加価値として追加できると思いますよ。

コメントを残す