.NET Conf 2021 – Focus on Windows

最終的な感想としては、Microsoftの中でもDevチームとWindowsチームが同床異夢であるという認識は変わらなかったかな。選択肢が増えることは良いのかもしれないけれど、こちら側としてはそれでは今後どうすれば良いのかと言う方向性が決定できない感じ。もう少し別の言い方をすると、どれに賭けを張れば(ベッドすれば)良いのですかねという疑問に対する回答が、同じMicrosoftの中でもDevチームとWindowsチームで違うものを押している感じです。このようなメッセージの発信の仕方は、昔のMicrosoftでは無かったことだし、ある意味最終的にその統一されたメッセージのものが、ものになったのかならなかったのかは別として、ある種の将来に対する計算可能性がMicrosoftのアプリケーションプラットフォームとしての良さだったのですが、今はそこが無いって所ですかね。それ故にWindowsのデスクトップアプリケーションを開発するに当たって、安全にベッドしようと思うと、ElectronやReact Nativeが最適解みたいな事になりかねません。現にOfficeチームはReact Nativeを使ってしまっているわけですし。ここ数年は何だかなー、アプリケーションプラットフォームとしてもWindowsは終わりなのではないのかと思う次第です。

コメントを残す