netduino ブレッドボードで簡単な回路を造ってみる

オンボードのスイッチ、LEDだけではつまらないので、ブレッドボードで簡単な回路を造ってみます。

回路としてはブレッドボードのタクトスイッチが押されている間LEDを転倒させるものです。

以下がその回路例です。ProtoTyping Labの90pで紹介されている回路です。

image

DIOの13PをDO(デジタル出力)、2PをDI(デジタル入力)として使用しています。

LEDの保護用に330Ωの抵抗を、スイッチのプルダウン用に10kΩの抵抗を使用しています。

この回路を駆動するためのコードは以下の様になります。

 
using System;
using System.Threading;
using Microsoft.SPOT;
using Microsoft.SPOT.Hardware;
using SecretLabs.NETMF.Hardware;
using SecretLabs.NETMF.Hardware.Netduino;

namespace TestNetduino
{
    public class Program
    {
        public static void Main() {
            OutputPort led = new OutputPort(Pins.GPIO_PIN_D13, false);
            InputPort sw2 = new InputPort(Pins.GPIO_PIN_D2, false, Port.ResistorMode.Disabled);
            bool sw2State = false;
            while (true) {
                sw2State = sw2.Read();
                Thread.Sleep(50);
                led.Write(sw2State);
                Thread.Sleep(50);
            }

        }

    }
}

netduino SDKのライブラリの中でnetduinoの各ピンは宣言済みですので、上のコードの様に割り当てていきます。
入力ポートは

InputPort sw2 = new InputPort(Pins.GPIO_PIN_D2, false, Port.ResistorMode.Disabled);

と割り当てています。3番目の引数ですがnetduinoは上の例の様に設定すればいいと思います。

これでブレッドボード上のスイッチをONすればLEDが転倒する様になります。

コメントを残す