NTEmacs 23.1をインストールしてみた

自分の中で秀丸以外のエディタ環境を模索しつついろいろ試していますが、ある意味王道であるEmacsに戻ってみることにしました。

まずは環境作り。(NT)Emacsはバージョン23系が最新で、Windows用のものはNTEmacsと呼ばれています。(今はソースコードレベルでは本家にマージされているはず)日本国内の有志の方々がIMEでの日本語入力に対応するパッチの配布、パッチ適応のバイナリ配布をされているのですが、残念ながらSourceForge.jpのプロジェクトではまだ公開されていません。どうも最近は2chのスレで公開が主流らしい的な話もあってどうしたものかと思ったのですが、まとめていてくれた方がいらっしゃいました。

[ソフトウェア] NTEmacs 23.1 のインストール・設定 – itouhiroメモ

基本的に、ここに書かれている手順でダウンロードインストール、設定ファイルの作成を行えばほぼ問題はありません。

次にEmacsをインストールしたならC#も色づけしたくなるのが人情なので、C#モードの追加、設定もしたいところです。これまたやり方を書かれている方がいらっしゃいます。

Emacs/MeadowにC#モードをいれてみる – うっかりプログラミング日誌

これも悩むことはありません。書かれているとおりで問題ありません。ただC-x/cで呼び出すコンパイルのコマンドはCSCなので、そこは設定ファイルの修正が必要です。

また、素直にrunemacsを起動してしまうと、コマンドラインの.NETのツール類にパスが通ってなく、使いづらいので以下のようなバッチを作ってそこから起動しています。

@Echo off
cd /d %home%
call "c:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\vcvarsall.bat" x86
C:\bin\emacs\bin\runemacs.exe -rv %*

ちなみにこれはVS2008をインストールしている場合です。

SDKオンリーやC# Expressionオンリオーの場合には適宜同様にバッチで環境変数やパスを通してからEmacsを起動するようにすると便利だと思います。

まぁ後は精進といったところですね。。。

コメントを残す