SQL Server 2008 のインストールに Visual Studio 2008 SP1 が必要になることがある

SQL Server 2008 のインストールに Visual Studio 2008 SP1 が必要になることがある

先ほどもちょこっと書きましたが。。

Visual Studio 2008 では、Service Pack が適用されていない Visual Studio 2008 と Visual Studio 2008 SP1 を同じコンピュータ上にインストールすることはできません。SQL Server 2008 の特定の機能によって、リリース バージョンの Visual Studio 2008 SP1 に含まれているのと同じコンポーネントがインストールされるため、SQL Server 2008 では Visual Studio 2008 SP1 が必要になります。Service Pack が適用されていない Visual Studio 2008 がインストールされていた場合は、SQL Server 2008 のインストール後に Visual Studio 2008 が正常に機能しないことがあります。

ということで、開発環境と一緒にSQL 2008をインストールしたい人はちょっと待っていてください。

というか、リリース版の.NET Fx 3.5 SP1とVS2008 SP1が出てくれば良いだけなんですが。

その場合インストール順序はできるだけ.NET Fx 3.5 SP1、VS2008 SP1(これは同時かな)、SQL 2008の順番でお願いします。

2 thoughts on “SQL Server 2008 のインストールに Visual Studio 2008 SP1 が必要になることがある”

  1. エントリに関係ないコメントで恐縮ですが、RSS の URL が違うんではないかと思われます。
    index.rdf は存在せず、index.xml にしたらアクセスできました。

  2. 当BlogではRSS1.0のサポートはやめてしまっており、index.rdfはありません。
    RSS2.0 : index.xml
    ATOM : atom.xml
    となっています。
    それに、Index.rdf(rss 1.0サポート)はなきゃいけないってもんでもないと思います。

コメントを残す