Text Service FrameworkをONにしておいてWeb Browserコントロールを使用したアプリを使用するとメモリリークするらしい。

Windows XP、 Windows Server 2003 または Windows Vista に WebBrowser コントロール アプリケーションを使用する場合、メモリ リークが Msctf.dll コンポーネントで発生します。
なんか前々から症状は出ていたのよw また古いウインドウを破棄しないので、GDIリソースも回復されないおまけつきです。。
まぁとりあえずパッチが出てよかった。
元ネタ:
高度なテキストサービスをオフにしている状態でWebBrowserコントロールがメモリリーク – 新日々此何有哉

コメントを残す