Visual Studio 2010 Visualization and Modeling Feature Pack

Visualization and Modeling Feature Pack

英語版がMSDNサブスクライバダウンロードからダウンロード可能になっています。

内容的にはVS2010のモデリング機能を強化するためのものです。

追加された機能:

  • UMLクラス図からのコード生成(C#のみ?)
  • コードからのUMLクラス図の作成(C#のみ?)
  • XMIのインポート
  • (TFSの)ワークアイテムからモデルへのリンク
  • C/C++でのファイルの依存性グラフの作成
  • C/C++での階層図とのバリデーション
  • ASP.NETでのファイルの依存性グラフの作成
  • 階層図のAPI

といろいろ改善されてはいるようです。が、クラス図との相互変換がどうもC#だけとか、XMIのインポートができるようになったのはいいけどエクスポートは?とか、まぁまだこれのVersion 2.0に期待みたいなところもありますね。

※本パックはVS2010 Ultimate Edition向けです。また、日本語版が公開されるまでは英語版VS2010での使用をおすすめします。

One thought on “Visual Studio 2010 Visualization and Modeling Feature Pack”

コメントを残す