Visual Studio 2015 エディションの発表

Visual Studio 2015 Product Editions.

Visual Studio 2015 エディション構成の発表がありました。

従来の上位エディション、PremiumとUltimateはEnterpriseに一本化されます。5月には現在の上位エディション非自社は自動的にEnterpriseに移行されます。何となくPremiumは値上げなような。ま、2013でPremiumが微妙すぎたのでまっとうな方向だと思いますけど。という事で、更新時もめないように今のうちに根回ししましょう。

Visual Studio Community

  • 基本的な全ての機能が含まれる
  • 無料(現行のCommunityと同様の縛り)

Visual Studio Professional with MSDN

  • 職業プログラマ向け
  • チーム開発向けの機能、CodeLens, Task suspend/resume, Code Review機能が追加される
  • アジャイルプロジェクト計画ツール、チームルーム、チャートや複数とチームのコラボレーションを改善する
  • MSDNサブスクリプション。dev/test向けソフトウェアの提供(Officeなし)、Team Foundation Server、VS Online Basicの提供、月$50のAzureクレジット、サポート
  • 月$1199

Visual Studio Enterprise with MSDN

  • エンドツーエンドのソリューション構築
  • IntelliTest
  • 複雑性の制御、CodeMap, InteliTrace
  • より高度なMSDNサブスクリプション、dev/test向けソフトウェアの提供、Team Foundation Server、VS Online Advancedの提供、月$150のAzureクレジット、サポート
  • 月$5999

そのほかTest Professional, MSDN Platformがあります。また、VisualStudio ProfessionalのIDEのみEditionや、TFS単独の販売もありそうです。FAQには”Express Edition”への言及もありますがどうなんでしょう。

詳細なエディションの違いはこちらを確認ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください