Visual Studio Community登場 #vsjp

Download Overview.

こいつは事件だ。

今までのVisual Studio Pro相等の機能を持ち、且つ無料のVisual Studio Communityが登場しました。上リンク先からダウンロードできます。

今までのExpressではExtensionのインストール出来ませんでしたが、このCommunityからはインストールが可能です。

という事でダウンロード中。

追記:

本体落としたあとに日本語のLanguage Packを落としてあてないと日本語にならないので注意。

日本語で専用サイトが出てきました(8:36)
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

インストールライセンスについて

以下にそっくりVisual Studio Community 2013のEULAから該当部分を抜き出します。

1.   INSTALLATION AND USE RIGHTS.

a.   Individual license. If you are an individual working on your own applications to sell 
   or for any other purpose, you may use the software to develop and test those applications.

b.   Organization licenses. If you are an organization, your users may use the software as follows:

  · Any number of your users may use the software to develop and test your applications released 
    under Open Source Institute (OSI)-approved open source software licenses.
  · Any number of your users may use the software to develop and test your applications as part 
    of online or in person classroom training and education, or for performing academic research.
  · If none of the above apply, and you are also not an enterprise (defined below), then up to 5 
    of your individual users can use the software concurrently to develop and test your applications.
  · If you are an enterprise, your employees and contractors may not use the software to develop 
    or test your applications, except for open source and education purposes as permitted above. 
    An “enterprise” is any organization and its affiliates who collectively have either (a) 
    more than 250 PCs or users or (b) more than one million US dollars (or the equivalent 
    in other currencies) in annual    revenues, and “affiliates” means those entities 
    that control (via majority ownership), are controlled by, or are under common control 
    with an organization.
c.   Demo use. The uses permitted above include use of the software in demonstrating 
     your applications.

d.   Backup copy. You may make one backup copy of the software, for reinstalling the software.

企業・団体が使用する場合の条件は以下のようになるようです。

  • OSIが認めるオープンソースライセンスの元で公開されるソフトウェアを開発している場合は何人でも使用できる。
  • 学校・教育機関での教室もしくはオンライン授業での使用、もしくは学術的研究での使用では何人でも使用できる。
  • 以下の条件のいずれにも当てはまら無い場合、5名までのユーザーが利用できる。
    • (a) 250台以上のPCもしくはユーザー数が既にある
    • (b) 1億円以上の売り上げがある
    • (c) (a),(b)に当てはまる企業より何らかの報酬を伴う委託に対してソフトウェアの開発を行う場合
  • デモでの使用
  • バックアップのための所有は可能

(正確な使用条件は原文EULAの参照、日本マイクロソフトへお問い合わせください。上は11/17 日本MSの該当Webページの改訂にあわせ見直しました。)

日本MSのページでは企業と限定していますが、原文では”Organization”とわざわざ書いているので、該当収入や常勤職員のある非企業の法人の方は問い合わせされるのが良いかと思います。

日本MSのVS Communityのページ
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

コメントを残す