Windows 10 UWPアプリケーションの開発環境VMの入手

情報源: Windows 10 開発環境の入手 – Windows アプリの開発

Windows 10 + UWP開発環境がセットアップされたVMイメージがダウンロードできるようになっているようです。Visual StudioはCommunity Editionのようで、Windowsには60日間の試用期間が設定されています。MSDNや正規ライセンスのプロダクトキーに変更すれば試用期間以上の期間でも使用できるようになると思います。ま、「1VMが60日」なんだと思いますけどね。

VMはVMware Workstation/Player/Fusion, Hyper-V, VirtualBox, Parallelsが用意されているのでMacやLinuxの人でも使用できそうです。

当然、最新のEdgeブラウザも有りますので、WEBアプリケーションの検証等でもご使用頂けるかと。

コメントを残す