Windows 7とWindows 8.1が月例パッチ化

情報源: Further simplifying servicing models for Windows 7 and Windows 8.1 – Windows for IT Pros

Windows 7/8.1が10月から月ごとにロールアップパッケージの形でアップデートがかかるようになるようです。それまでは、個別要件毎にパッチが作成されていました。また、このロールアップパッケージはセキュリティアップデートだけでなく、信頼性向上等の機能パッチも含まれます。従って大抵の方は10月以降は基本的に最新のロールアップパッケージを当てれば済むようになります。新規インストール時に大量のパッチダウンロードから解放されますね!

また、WSUSを使用すれば機能パッチを含まないセキュリティパッチのみのロールアップパッケージを選択することも出来るようです。

コメントを残す