バックミラー 2019-03-11 #IndyCar #wrc

RVM的な何か。

IndyCar 2019 第1戦 セント・ピーターズバーグ

いよいよIndyCarもシーズンが始まりました。今年は佐藤琢磨選手はもちろん、昨年までSuper GT(チーム ルマン)とFormula E(マヒンドラ)で走っていたフェリックス・ローゼンクヴィストが名門チップガナッシレーシングから古豪スコット・ディクソンとタッグを組んで参加し、大変楽しみです。

初戦結果ですが、佐藤琢磨選手はウォームアップで好タイムを出し期待されましたが、マシントラブル(ギアトラブル)でリタイアとなってしました。次戦では良い結果を期待です。レースですが、一時ローゼンクヴィストがナイスな攻めを見せ首位を奪うものの、51週目に入ったピット走行でミスがあり、首位を失います。その後はペンスキーのニューガーデンを首位を奪い、チップガナッシのスコット・ディクソンが迫るものの、最終的にはニューガーデンが2.9秒差で優勝し、2位にはディクソン、3位にはポールだったウイル・パワーが入り、ローゼンクヴィストはルーキー1戦目を4位で飾りました。まぁローゼンクヴィストを「ルーキー」と呼ぶのも変な感じですが。

インディカー開幕戦セントピーターズバーグ:戦略と速さ噛み合ったニューガーデン優勝。佐藤琢磨ギヤトラブルに泣く|motorsport.com日本版

IndyCar 2019 セントピーターズバーグ | Results | Motorsport.com


auto sport – オートスポーツ – 2019年 3/29号 No.1502

価格: 580円
出版社: 三栄書房


WRC 2019 最3戦 メキシコ

シトロエンのセバスチャン・オジェが優勝、今季2勝目、しかしながら2位にトヨタのタナックが入り、タナックがドライバースタンディング首位を保持しました。

ここまでのチームスタンディングは1位トヨタGRが86ポイント。9ポイント差でキープ、2はシトロエンで78ポイント、3位はヒュンダイ77ポイント、Fors M Sportsは45ポイントで苦戦と言って良いでしょう。ドライバースタンディングは、正直昨年散々だったクリス・ミークがトヨタに移って良い感じなのが良い驚きです。

WRC 2019 ラリー・メキシコ | Results | Motorsport.com

チームスタンディング

ドライバースタンディング

コメントを残す