バックミラー 2019-05-20

RVM的な何か。

Super Formula Rd.2 オートポリス

予選日荒天のためキャンセルとなり、決勝午前中のフリー走行が、フリー走行兼予選となるも、これも、雨天で、マシンクラッシュによる赤旗中断にて、各チーム満足なアタックが出来ない状態でした。午後は雨も止み、何とかドライコンディションの中の決勝となりました。

決勝はソフトタイヤスタートでうまくペースダウンを抑えながら走った関口が優勝、1周目でミディアムからソフトに変え、同じくこれを引っ張った山本が2位、大嶋が3位に入り、後半グリッドからスタートした3人がうまい戦略とそれを実現するタイヤマネージメントをこなし表彰台を獲得しました。そこからタイムは少し離されるも、牧野4位、福住5位パロウが6位とSFルーキー組が入賞し、7位キャシディ、8位山下とここまで入賞となりました。

とりあえずちゃんとレースが出来て良かったと言うのが率直な感想です。また、今回からTCRがサポートレースとして開催され、Youtubeでも中継が始まりましたが、予算的な制限もあるとは思いますが伝え方としてはもう一工夫かなと思いました。

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス決勝|関口雄飛、16番手スタートから劇的勝利!|motorsport.com日本版

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス|決勝レース結果|motorsport.com日本版

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください