書評 : Head First C# 頭と体で覚えるC#の基本

キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

と言う感じの最強C#入門本です。ほかの入門書で詰まってしまった方に是非おすすめします。

また、プログラミング自体が初めて、ほぼ初めての人にも比較的向いています。

ただし、ちゃんと理解するには本書の中の例題と練習問題でしっかり自分の手を動かしていないとだめですよ。

他のHead Firstシリーズと同じく、この本もビジュアルな刺激で理解が加速されること請け合いです。ただ、C#の文法すべてこの本で網羅できるわけではないので、この本を卒業したらもう少し厳ついC#の言語解説本に移行するのが良いでしょう。

移行先としては、オライリーのプログラミングC#のC#3.0対応版の翻訳がしばらく出そうにないので、今なら以下の書籍がよろしいかと思います。

これで満足できない人は、C#の言語仕様書なり、MSDNのドキュメントのどっぷりかじりついていただけたらと思います。

ああでも、間に何か挟んだ方が良いかもな。

この辺かな。。

この本はC#3.0で追加されて機能は範囲外ですが、それ以外の点では間に挟むのに良い本かもしれません。

余談も良いところですが、オライリーの「初めての」は何か別のプログラミング言語を既にかなりしっかりと知っている人が新しい言語を「初めて」学習するための本なので、プログラミング初心者にいきなり読ませちゃだめですよ。

コメントを残す