ACO WEC/Lemansの新レギュレーション発表。2024年から水素を利用した燃料電池を利用可能に

 6月13日~17日(現地時間)、フランス ル・マン市のサルト・サーキットで「第86回 ル・マン24時間レース」が行なわれている。ル・マン24時間レースを主催するACO(Automobile Club de l’Ouest、フランス西部自動車クラブ)は6月15日に記者会見を開催し、2020年にACOが導入する新車両規定の一部として、2024年から水素を利用した燃料電池をハイブリッドシステムの一部として導入可能にすると明らかにした。

情報源: 【ル・マン24時間 2018】新レギュレーション発表。2024年から水素を利用した燃料電池を利用可能に – Car Watch

前のFIAでの「ハイパーカーコンセプト」の発布内容に加え、2024年より水素を利用したFECを利用可能にしたいと。そこまでしてなんかトヨタを逃がしたくないのかと。とは言ってもFEC自体はトヨタだけでなく、ホンダ、BMWなんかも開発を続けている分野なので、F1が技術開発の場としての役割をどんどん後退させていく中、WECがその役割を更にになっていく感じになっていくのでしょうか。

コメントを残す