ASP.NETでオープンソース化されたもの

ASP.NETでOSS化されたもののソースコードディレクトリは以下のようになっています。

2012/03/28 19:24
Common
2012/03/28 19:26Microsoft.Web.Helpers 
2012/03/28 19:26Microsoft.Web.Http.Data 
2012/03/28 19:26Microsoft.Web.Http.Data.EntityFramework 
2012/03/28 19:26Microsoft.Web.Http.Data.Helpers 
2012/03/28 19:26Microsoft.Web.Mvc 
2012/03/28 19:26Microsoft.Web.WebPages.OAuth 
2012/03/28 19:26SPA 
2012/03/28 19:26System.Json 
2012/03/28 19:26System.Net.Http.Formatting 
2012/03/28 19:26System.Web.Helpers 
2012/03/28 19:26System.Web.Http 
2012/03/28 19:26System.Web.Http.SelfHost 
2012/03/28 19:26System.Web.Http.WebHost 
2012/03/28 19:26System.Web.Mvc 
2012/03/28 19:26System.Web.Razor 
2012/03/28 19:26System.Web.WebPages 
2012/03/28 19:26System.Web.WebPages.Administration 
2012/03/28 19:26System.Web.WebPages.Deployment 
2012/03/28 19:26System.Web.WebPages.Razor 
2012/03/28 19:26WebMatrix.Data 
2012/03/28 19:26WebMatrix.WebData 

これから見ると、OSSとして公開されたのASP.NET MVC(4.0), ASP.NET Wab Pages(Razor)となるようです。

ドキュメントに書かれている通りGitでクローンし、「build RestorePackages」でパッケージをすべてアップデートした後であればビルドが成功します。(このパッケージのアップデートは失敗することもあるので、あきらめずに成功するまで続けてみましょう)

ソースコードは全部で25MB程でした。

コメントを残す