Forza Horizon 2についてここまでプレイして感じたこととか #ForzaHorizon2

一応進行的には以下のようになっています。

  • チャンピオンシップは2回目のHorizonフィナーレまで終了し、無事スタッフロールも確認。この時点でショーケースも全部終了。
  • 道路塗りつぶし終了。
  • XPボード、クイックトラベルボード全部破壊済み。
  • バケットリストはほぼ未消化。

ここまでプレイして見て、Horizon 3での進化について確認できたのが良かったですね。特にエキシビジョンとそのブループリントの存在が大きくて、Horizon 2は決められたチャンピオンシップの中から選ばなければならず、ロードトリップの必要性含めて、自由にレースが出来なく、とても窮屈でした。特に2回目のHorizonフィナーレが終了してしまうと、チャンピオンシップを続けるための目的意識が持てず、それ以降のチャンピオンシップを続けるのが正直苦痛です。その他の面も含めてHorizon 3ではだいぶ自由度が大きくなっており、その世界の中に没入する感覚がより高まるよううまく設計されていたんだなと感じます。この辺の2から3への改良が900万の実プレイユーザーに繋がっていると思います。

また、この時期にHorizon 2がGOLDメンバー向けに無償になったのは、Horizon 4とは無関係では無く、そのプロモーションと考えるべきなのでしょう。Horizon 4ではオンラインが常態となり、気候の変化だけで無く、季節の変化が加えられ、「Horizon Life」と言われる中で、プレーヤーは不動産を所有し、事業を営むことが可能になっています。よりプレーヤーがHorizonの世界に没入し、その中の住人として別の人生を送るかのように設計されているように見えます。Horizon 3までのプレーヤーは、フェスティバルへの訪問者・主催者で、その時期にたまたまその世界に訪れた訪問者でしたが、Horizon 4ではその世界の住人になるかのようです。よりソーシャルに、より自由になると思われるHorizon 4が、実際にどうなっているか非常に楽しみです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください