Forza Horizon 5チューニングガイド(翻訳) #ForzaHorizon5

Forza Horizon 5 tuning guide: How to tune cars, what every setting means, and more | Windows Central

上が割と良かったので、勝手に翻訳しています。私自身はForza Tune Proと言うiPhoneのアプリを使ってチューニングしています。

あと、記事中に出てくる計算式は単位がメートル法ではなくヤード・ポンド法の場合なので注意してください。


Forza Horizon 5は、絶対的なリアリズムの追求をやめて、「Forza Horizon」をプレイした何百万人ものベテランプレイヤーに加えて、よりカジュアルなプレイヤーにも楽しんでもらえるような、より親しみやすいゲーム性を追求しています。しかし、よりシミュレーション性の高いレースを求めるハードコアプレイヤーのために、車のアップグレードやチューニングのための包括的なシステムをはじめ、さまざまな設定やオプションが用意されています。これらのツールを使えば、好きな車を作って、メキシコ全土でレースをすることができます。

Forza Horizon 5のチューニングガイドでは、各設定の意味や始め方など、車のチューニングに必要な情報をすべて掲載しています。

Forza Horizon 5のチューニングとアップグレードとは?

Forza Horizon 5には、緻密に再現された膨大な数の車が登場します。それぞれの車には独自の特徴やアップグレードのオプションがあり、プレイヤーはそれぞれのレースやイベント、チャレンジで究極のパフォーマンスを発揮することができます。Forza Horizon 5に登場するすべての車は、性能や外観のアップグレードを何十種類も用意しており、車を最大限に活用したいと考える勤勉なプレイヤーには、何百もの可能性が用意されています。

Forza Horizon 5の包括的なツールを使えば、プレイヤーはさまざまな目標や目的に合わせて車をカスタマイズすることができます。平凡で地味な外観でありながら高いパフォーマンスを発揮する「スリーパー」カーから、オフロードで圧倒的なパフォーマンスを発揮する伝説のハイパーカーまで、FH5のアップグレードとチューニングのオプションはプレイヤーに多くの選択肢を与えてくれます。もちろん、これらのツールやテクニックを使いこなすには、それなりの知識と経験が必要で、急な学習曲線を描くことになります。

Forza Horizon 5では、すでに魅力的なストックカーをさらに高みへと引き上げたり、まったく別のフィールドへと移動させたりするには、まずアップグレードショップを利用します。エンジン交換やボディキットなどの本格的なものから、ハンドリングやサスペンションなどの細かい調整まで、Forza Horizon 5の膨大な数の車に様々なパーツを交換・追加することができます。単純に車をアップグレードするだけなら、複雑なチューニングに比べればはるかに敷居が低いですが、それでも初心者が手を出すには難しいでしょう。詳しくは、「Forza Horizon 5」の車のアップグレードに関する完全ガイドをご覧ください。

チューニングでは、空力性能の向上によるダウンフォース量、サスペンションやハンドリングの設定、エンジンのギア比の設定など、クルマのさまざまな要素をカスタマイズすることができます。チューニングは、車をアップグレードした後も、車の性能や操作性を劇的に変化させることができますが、単に新しいパーツを取り付けるだけではなく、かなり高度な技術を必要とします。ほとんどのプレイヤーはチューニングを気にすることはありませんが、車の性能を最大限に引き出したいと考えている人や、試行錯誤を厭わない人は、車のチューニング設定に手を加えることで多くのことを得ることができます。

このガイドでは、Forza Horizon 5でクルマをチューニングするために必要な知識をすべて網羅しており、これまでにないほど簡単にチューニングを始めることができます。

Forza Horizon 5で車をチューニングするには?

Forza Horizon 5で車をチューニングすることは、ほぼ無限の可能性を秘めていますが、そのほとんどは非常に主観的なもので、チューニングする車、車に施されたアップグレード、車を何に使おうとしているか、個人の運転の好みなど、様々な要因によって大きく変わります。特に、『Forza Horizon』のベテランプレイヤーやクリエイターたちは、自分たちで素晴らしいチューニングを作って公開しているため、多くのプレイヤーはチューニングに手を出すことを躊躇してしまうのです。しかし、どんなプレイヤーでもカーチューニングに挑戦し、自分の車を今まで以上に良くするためのヒントやコツがたくさんあります。ここでは、そのヒントをご紹介します。

一般情報

Forza Horizon 5で車をチューニングするには、いくつかの方法があり、その際に注意すべき点もたくさんあります。ここでは、Forza Horizon 5でカーチューニングを始めるための一般的な情報をご紹介します。

始める前に、どうやって始めるかを知っておく必要があります。Forza Horizon 5のマップ上でアクセスできるフェスティバル会場やプレイヤーハウスであれば、どの場所でもアップグレードやチューニングのオプションにアクセスできるからです。デフォルトで提供されている中央の “ガレージ “タブで、”マイカー “からアップグレードとチューニングを行いたい車を選択した後、左隅の “アップグレード&チューニング “セクションに移動します。チューニングの魔法は、ここから始まります。

チューニングには様々な方法がある

アップグレードのように、その方法はひとつではありません。このガイドを読んでいる多くのプレイヤーは、車をアップグレードして、そのまま「カスタムチューニング」に向かうのがベストな選択だと思います。しかし、「Forza Horizon 5」の複雑なカーチューニングの世界に飛び込む際に、プレイヤーが注意すべき選択肢は、実は以下の3つです。

  • カスタムチューニング。現在乗っているクルマのチューニングオプションを開き、選択したクルマのあらゆるオプションをカスタマイズする方法です。このオプションは、自分だけのカスタムチューンを作成し、車の可能性を最大限に引き出すためのもので、本ガイドではこのオプションを中心に説明します。
  • マイチューニングセットアップ。一度チューニングした車は、後で使用するためにそのチューンを保存したり、他のコミュニティメンバーが自分の車にそのチューンを使用できるようにすることができます。また、アップグレードしたクルマに複数のチューニングを施した場合、それぞれのチューンを保存しておき、いつでもアクセスできるようにしておくこともできます。”マイチューニング “メニューでは、選択したクルマに保存したすべてのチューンが表示されます(これまでに保存したすべてのチューンではなく、クリエティブハブを使用する必要があります)。
    • カスタム・チューニング・セットアップには、その車に適用されるすべてのアップグレードとチューニング・オプションが含まれます。
  • チューニング・セットアップの検索。自分で車をアップグレードしたりチューニングしたりするのに時間をかけたくない場合や、FH5コミュニティの豊富な経験と知識が必要な場合は、「チューニング・セットアップを探す」オプションを使って、他のクリエイターがあなたの車のために作成してアップロードしたすべてのチューンを閲覧することができます。特定のPIクラスやキーワードなどを検索して、探しているものを見つけることができ、ほとんどすべての状況で完璧なチューンを見つけることができます。
    • カスタム・チューニング・セットアップには、その車に適用されるすべてのアップグレードとチューニング・オプションが含まれます。
    • 他のクリエイターのチューンを編集することはできません。つまり、カスタムチューンを解除しない限り、自分のクルマをアップグレードしたりチューニングしたりすることはできません。

チューニングの前にアップグレード

Forza Horizon 5では、「カスタムチューニング」の項目に入ることで、クルマのハンドリングや性能を大きく変えることができますが、新車を購入した後に最初に向かうべき場所ではありません。まず第一に、プレイヤーはチューニングを始める前に、車のアップグレードを優先すべきです。というのも、チューニングメニューの多くは、特定のアップグレードをしないとロックされてしまうからです。逆に言えば、チューニングはクルマの性能に大きな影響を与えるものですが、アップグレードによるパーツの取り付けや交換ほど劇的な変化はないということになります。

Forza Horizon 5で車をアップグレードする方法をご紹介しますので、チューニングに移る前に、車を思い通りにアップグレードしてください。

状況に応じてチューニングを使い分ける

Forza Horizon 5で車をチューニングする際、車を完璧に仕上げるための素晴らしい「出発点」として、広く適用できるヒントやルールがありますが、常にベストな選択となるチューニングはありません。車にはそれぞれ個性があり、どのようにチューニングするかは、その車をどのように走らせるかによって決まることが多いのです。一般道を走ることを前提としたチューニングと、オフロードを走ることを前提としたチューニングは全く異なりますし、ドラッグレースやドリフトなどを前提としたチューニングも異なります。

チューニングを始める際には、最終的な目標を設定し、本ガイドに記載されている内容を参考にしながら、各項目のチューニングを進めていきます。一般的なチューニングであれば、どのような状況でも問題なく走行できるようにすることができますが、特殊な車種であれば、より専門的なチューニングが必要になります。

すべてのことをする必要はありません

Forza Horizon 5で車をチューニングするのは、特に始めたばかりの人にとっては、当然ながら敷居が高いものです。しかし、チューニングの際には、すべての設定を変更する必要はなく、必要に応じてすべてのセクションをスキップすることも可能なのです。

Forza Horizon 5では、「タイヤ」、「トランスミッション」、「アライメント」など、効果的なチューニングを行うためには、さらなる時間と労力、さらにはゲーム内のテレメトリーデータが必要となるセクションがあります。これらのセクションは、他のチューニングオプションに比べて、より多くの知識を必要とし、一般的に圧倒されてしまいます。もし、あなたがカスタムチューンで車を向上させたいのであれば、これらのセクションに触れることなく、多くのことを行うことができます。

時間をかけてチューニングを仕上げていく

以下の情報を忠実に守っていただければ、ゲームに登場するほぼすべてのクルマに効果的なチューニングを施すことができますし、ドラッグカー、ドリフトカー、オフロードカーのチューニングのヒントにもなります。しかし、車やドライバーはそれぞれ異なりますので、あなたの車にも追加の調整や改良が必要になるかもしれません。もし、あなたのクルマに改善すべき点があれば、迷わずチューニングオプションに戻って変更を加えてください。

改良とは、診断を行い、その診断に基づいて小さな修正を行うことです。このガイドの後半では、チューニングを洗練させるためのヒントやコツをたくさん紹介しています。

チューニングに役立つテレメトリーデータ

前述したように、FH5で車のチューニングを効果的に行うために、すべてのセクションに触れる必要はありません。しかし、チューニングオプションの中には、車に関する膨大な量の詳細情報を提供するForza Horizon 5の内蔵テレメトリオプションを使用することで、大きく恩恵を受けるものがあります。Forza Horizon 5では、何十もの要素や統計情報を同時に、またゲームのライブプレイ中にも常に監視しており、さらには天候の影響や気温、それらが車にどのようにリアルに影響するかをシミュレートしています。FH5のインゲーム・テレメトリー・メニューでは、そのすべての情報を知ることができます。

テレメトリーメニューは、コントローラーやマウス・キーボードの任意のボタンに割り当てて、自由に呼び出すことができます。また、ANNA AIオプションをテレメトリーと入れ替えることもできます。FH5のテレメトリー・データは、サスペンション、アライメント、タイヤの設定を調整する際に最も有効です。

チューニングの保存と共有

満足のいくチューニングができたら、保存しておけば、車を変えたり、チューニングをやり直したりしても、その時のアップグレードやチューニングの設定が失われることはありません。また、自分のチューニングを「Forza Horizon 5」のコミュニティで共有すれば、他のプレイヤーがあなたのチューニングをダウンロードして、自分の車にインストールすることができます。気に入ったチューンがあれば、そのコンテンツに「いいね!」を押して、『Forza Horizon 5』のソーシャル通貨である「賞賛」を与えることもできます。ダウンロードやインストール、「いいね!」を押すたびに「クレジット」が貯まり、「Forza Horizon 5」の好きなものに使うことができます。

チューニングが上手になればなるほど、あなたのチューンをインストールしてくれる人が増えていきます。なお、カスタムチューンとは、チューンを保存した時点で、その車に適用されているアップグレードやチューニングオプションをすべて含んだものです。

ディファレンシャルのチューニング

不思議に思われるかもしれませんが、通常、最後のチューニングセクションから始めて、右から左へと移動する方が簡単です。今回は、「デフ」のチューニングからスタートします。車のデフは、特にコーナーを曲がるときに、タイヤがロックするまでのスピン量の差を調整するものです。デフロック率が低いと、左右のタイヤの間隔が大きくなり、逆にデフロック率が高いと、差があるとすぐにタイヤがロックしてしまいます。

デフロックが低すぎるとホイールがスピンしてトラクションが得られなくなり、高すぎるとコーナー走行時にアンダーステアになってしまうことがあります。また、車の使用目的によっても、最適なデフチューニングの設定は変わってきます。ここでは、そのポイントをご紹介します。

  • フロントディファレンシャル。FF車やAWD車では、フロントデフの設定により、車の前部にある左右の車輪間のデフロックを制御します。
    • フロントデフロックの設定値は、リアデフロックの設定値よりも低い傾向にあります(AWD車の場合)。
    • フロントディファレンシャルの加速度は約25%からスタートし、そこから微調整していきます。
    • フロントディファレンシャルの減速度はさらに低く、10~15%程度からスタートしますが、そこから調整することができます。
  • リアデファレンシャル。FR車やAWD車では、リアデフの設定により、車両前方の左右の車輪間のデフロックを制御します。
    • リアデフロックの設定値は、フロントデフロックの設定値よりも高い傾向にあります(AWDの場合)。
    • リアディファレンシャルの加速は40~60%程度から始めて、そこから微調整していきます。
    • リアディファレンシャルの減速度はもう少し低く、20~25%程度からスタートするとよいでしょう。
  • センターディファレンシャル。AWD車では、センターデフの設定により前後輪の動力配分を制御し、FF車やFR車に近い挙動を実現しています。
    • ほとんどの車では、センターデフをリアに近づけ、70~90%程度にしたいと思うでしょうが、この設定はいつでも調整できます。

上記の提案は、大多数の車や一般的な使用方法では素晴らしい効果を発揮しますが、いくつかの種類のチューンでは、別の差動チューニングが有効な場合があります。ここではその例をご紹介します。

  • ドラッグチューニング。ドラッグレース用の車は、デフの設定も含めて、他の車とはまったく違うチューニングをします。
    • 前後の差動加速度は、ほとんどの場合、100%にロックする必要があります。
    • 前後の差動減速は全く関係ないはずなのに
  • ラリーやオフロードのチューニング。ラリーやオフロードなど、アスファルトの道を走ることを前提とした車は、一般的にデフロックを大きくすることが有効です。
    • 前後のデフの加減速を一般的なチューンに比べて15~20%程度高くします。
    • センターデフは、ハンドリングを微調整するために使用することができますが、通常はリア側に寄った方が有益です。
  • ドリフトのチューニング。ドリフトに特化したクルマは、ドラッグレースのような劇的なチューニングはしていませんが、他のクルマとは異なるチューニングをしています。
    • 前後のディファレンシャルの加速度が大幅に向上し、多くの場合、100%にロックされます。
    • 前後のデフの減速度は、低めに設定するとドリフト時のコントロール性が向上し、高めに設定するとより持続的なドリフトが可能になるなど、最終的には個人の好みによります。
    • AWD車でドリフトをする場合は、センターデフをよりリア寄りにするのが好ましいです。

ブレーキチューニング

2つ目のチューニング項目は、急減速時のクルマの反応を直接コントロールするブレーキです。ほとんどの場合、この部分を変更する必要はありませんが、ブレーキのチューニングはハンドリングに大きな影響を与えます。ここでは、そのポイントをご紹介します。

  • ブレーキのバランス。この設定は、車の全体的な制動力のうち、フロントとリアのどちらにどれだけの力をかけるかをコントロールします。どちらかに偏りすぎると、車のブレーキ特性に重大な悪影響を及ぼす可能性があるため、絶妙なバランスをとることが重要です。
    • ブレーキバランスをフロント寄りにすると、ブレーキの安定性が増すが、アンダーステアが発生することがあります。
    • ブレーキバランスを車の後部に移動させると、オーバーステアが増加しますが、安定性は低下します。
  • ブレーキ圧。この設定は、すべてのブレーキにかかる圧力を減少または増加させることで、車の制動距離に直接影響を与えることができますが、不安定さが生じたり、車のブレーキ性能が低下したりする可能性があります。
    • ABSドライビングアシストをオンにしている場合は、制動圧をデフォルトの100%にしておくとよいでしょう
    • ABSなしでプレイする場合、車によってはブレーキ圧を少し高めに設定した方が良い場合があります(110%くらいから始めると良いでしょう)。

上記の提案は、大多数の車や一般的な使用方法では素晴らしい効果を発揮しますが、いくつかの種類のチューンでは、代替のブレーキチューンが有効な場合があります。ここではその例をご紹介します。

  • ドラッグチューニング。ドラッグレース中にブレーキをかけている人は、何か間違ったことをしているのかもしれません。率直に言って、ドラッグチューニングにブレーキチューニングは必要ありませんので、省略しても大丈夫です。
  • ラリーやオフロードのチューニング。ラリーカーやオフロードカーのブレーキをチューニングすることで、ハンドリングに良い変化を与えることができます。
    • コーナーでのブレーキング時にクルマが沈み込みすぎる場合は、ブレーキングバランスをよりリア寄りにすることができる
    • ABSをオフにしている場合は、ブレーキ圧を高くすると効果的です(ただし、最終的には個人の好みによります)。
  • ドリフトのチューニング。ドリフトは、加速、減速、そしてブレーキなど、ドリフト走行中のコントロール能力に大きく依存しています。
    • 特にFRのドリフトカーでは、ブレーキバランスをフロント寄りにすることで、ドリフト時のコントロール性が向上します。

エアロダイナミクスのチューニング

空力とは、高速走行時の空気の摩擦や、車を地面に押し付ける力をどのように処理するかを意味しています。高速性を追求する高性能車や、効率性を追求する電気自動車などでは、常に空力が重視されます。Forza Horizon 5』のエアロチューニングでは、高速走行時に車にかかるダウンフォースの大きさを調整することができます。ここでは、そのポイントをご紹介します。

  • ダウンフォース。FH5の空力チューニングには、車にかかるダウンフォースの量をカスタマイズするという選択肢しかありません。ダウンフォースが大きいと、クルマは常に地面に押し付けられているような状態になり、スピードは落ちますが、ハンドリングは格段に良くなります。逆にダウンフォースが小さいと、空気抵抗が少なくなってスピードが上がりますが、ハンドリングやトラクションが犠牲になります。
    • ほとんどの場合、ダウンフォースを低く(スピードに近い)調整するよりも、高く(コーナリングに近い)調整した方が良いでしょう。
    • 高速走行時のコントロールを維持するために、フロントのダウンフォースはリアのダウンフォースよりも小さくする必要があります。リアのダウンフォースは、ほとんどの場合、高くする必要があります。
    • 何よりも速さを重視した車(PRスタントのスピードトラップに対応した車など)は、ダウンフォースが少ない方が有利です。

上記の提案は、大多数の車や一般的な使用方法では素晴らしい効果を発揮しますが、いくつかの種類のチューンでは、別のエアロダイナミクス・チューニングが有効な場合があります。ここではその例をご紹介します。

  • ドラッグチューニング。ドラッグレースでは、できるだけ速く走ることが重視されるため、ダウンフォースを減らすことが重要です(空力調整オプションが解除されている車の場合)。
    • フロントとリアのダウンフォースは、高速での不安定さが気にならない限り、速度に向かって一気に動かすべきです。
  • ラリーやオフロードのチューニング。ラリーカーやオフロードカーのエアロチューニングは、一般的なチューニングとほぼ同じです。
    • ダートレースやクロスカントリーレースはロードレースよりも低速であることが多いため、コーナリング時にはダウンフォースを高めに設定するとよいでしょう。
  • ドリフトチューニング。ドリフトカーにとってエアロのチューニングは重要ではありませんが、チューニングオプションをアンロックしていれば、多少の調整は可能です。
    • ドリフトするにはダウンフォースが小さい方が有利です。
    • フロントのダウンフォースを調整するとコントロール性が向上し、リアのダウンフォースを調整するとグリップ性が向上します。

ダンパーチューニング

ダンパーは、Forza Horizon 5で調整できるいくつかのサスペンション設定のうちの1つで、ハンドリングや車の全体的なグリップに大きな影響を与えます。ダンピングの設定は、2つの異なる場所で車のサスペンションのトラベルレートを制御します。リバウンド・スティフネスは、路面の凹凸にぶつかったときにサスペンションがどれだけ早く元に戻るかを調整し、バンプ・スティフネスは、凹凸にぶつかったときにサスペンションがどれだけ早く圧縮されるかを調整します。ここで、知っておいていただきたいことがあります。

Forza Horizon 5のチューニングオプションのうち、「ダンパー」、「スプリング」、「アンチロールバー」の3つのセクションは、いずれもクルマのサスペンションとハンドリングに関係しています。また、これらのセクションは、チューニングの際に多くの共通点があります。そして何よりも、これらのサスペンション設定を適切に行うためには、車の重量配分(前輪と後輪の重量配分)を知る必要があります。幸いなことに、この情報は簡単に得ることができます。

  1. 選んだクルマを走らせながら、「カスタム・アップグレード」メニューに向かいます。
  2. 「カスタムアップグレード」メニューでは、任意のカテゴリーから個別のアップグレードパーツを探してハイライト表示します。
  3. 画面の左下には、車の統計情報を表示するパネルがあり、デフォルトではPI-Classのカテゴリーが表示されます。
  4. コントローラーの “Y “ボタン、またはマウスやキーボードの対応するキーを押すと、さまざまなステータスページが表示されます。
  5. 2つ目の統計ページでは、「フロント」という統計があり、その横にパーセンテージが表示されています。このパーセンテージは、車の重量のうち、前半分にどれだけの重量が配分されているかを示しています。
  6. この割合を記録し、100%から差し引くと、後輪の重量配分の割合がわかります(例えば、フロントの重量配分が54%の車は、後輪の重量配分が46%になります)。
  7. サスペンションのチューニングには、車の前後の重量配分が非常に重要になります。

Forza Horizon 5のダンパー設定をチューニングする際の注意点をご紹介します。

  • リバウンドスティフネス。この設定は、段差にぶつかったときに路面との接触を維持できるかどうかに影響し、車のグリップやハンドリングを大きく変化させます。この設定を調整する前に、自分の車の前後の重量配分を確認しておきましょう。また、電卓があると便利です。
    • フロントのダンピング・リバウンド・スティフネスを調整するには、「19」にフロントの重量配分率を乗じます(例えば、54%の場合は「0.54」となります)。その結果得られた数値に「0.5」を加えてください。これが最適なスタート地点となります。
    • フロントダンピング・リバウンド・スティフネスの正確な計算式は、(19×フロント重量配分率)+0.5です。
    • リアのダンピング・リバウンド・スティフネスを調整するには、「19」にリアの重量配分の割合を乗じます(例えば、46%の場合は「0.46」となります)。その結果得られた数値に「1」を加えてください。これが最適なスタート地点となります。
    • リアのダンピング・リバウンド・スティフネスの正確な計算式は、(19×リアの重量配分率)+1です。
  • バンプ・スティフネス。この設定は、バンプにぶつかったときの車の反応に影響を与え、車のグリップとハンドリングを大きく変化させます。この設定を調整する前に、上記の計算式を使って伸側の剛性を調整していることを確認してください。また、電卓を用意しておくと便利です。
    • フロントダンピングのバンプスティフネスを調整するには、フロントのリバウンドスティフネスの数値を70%にします(これは「0.7」に相当します)。これが最適なスタート地点となります。
    • フロントダンピングバンプスティフネスの正確な計算式は、フロントリバウンドスティフネス設定値×0.7
    • リアのダンピング・バンプ・スティフネスを調整するには、リアのリバウンド・スティフネスの数値を60%にしてください(これは「0.6」に相当します)。これが最適なスタート地点となります。
    • リアダンピングバンプスティフネスの正確な計算式は、リアリバウンドスティフネス設定値×0.6

上記の提案は、大多数の車や一般的な使用方法では素晴らしい効果を発揮しますが、いくつかの種類のチューンでは、代替の減衰力調整が有効な場合があります。ここでは、その例をご紹介します。

  • ドラッグチューニング。ドラッグレース用の車は、直線で素早く動くように設計されているため、サスペンションのチューニングはあまり重要ではありません(主にハンドリングに影響するため)。ドラッグレース用に減衰力をチューニングしたい場合は、通常よりもソフトな状態にしておくとよいでしょう。
  • ラリーやオフロードのチューニング。オフロード走行に特化したクルマは、サスペンションのチューニングで最も劇的な変化を遂げますが、これには減衰力も含まれます。しかし、何を変えればいいのかは、個人の好みもありますし、試行錯誤が必要です。
    • 上記の一般的なチューンから始めて、そこから微調整していきます。
    • サスペンションのテレメトリは、ラリーやオフロードのサスペンションチューニングに大いに役立ちます。
    • ジャンプやバンプの後、タイヤがすぐに地面に戻ってこないと感じたら、リバウンド・スティフネスを柔らかくしてください。
    • 小さな段差で車が跳ねてしまう場合は、バンプスティフネスを柔らかくしてください。
    • バンプへの反応が悪く、コントロールが効かないと感じたら、リバウンドとバンプのスティフネスを硬くします。
  • ドリフトチューニング。ドリフトカーのチューニングは、特にハンドリングについては、緻密なチューニングと試行錯誤が必要です。それでも、ほとんどのドリフトカーで通用するコツをご紹介します。
    • 上記の一般的なチューンから始めて、そこから微調整していきます。
    • ドリフトカーでは、通常よりも高い反発剛性が求められることが多い。
    • ドリフトカーの場合、通常よりも低いバンプスティフネスが有効です。バンプスティフネスを計算する際には、フロントのリバウンドスティフネスの50%、リアのリバウンドスティフネスの40%を目安にしてください。

スプリングチューニング

サスペンションを調整することで、特にオフロードやラリーなどでのハンドリング特性を大きく変えることができます。具体的には、このセクションでは、フロントとリアの両方のサスペンション・スプリングの硬さと、車の地面への密着度をコントロールします。車の美観に影響を与えるだけでなく、ハンドリングを維持するためのチューニングにも欠かせません。ここでは、そのポイントをご紹介します。

Forza Horizon 5のチューニングオプションのうち、「ダンパー」、「スプリング」、「アンチロールバー」の3つのセクションは、いずれもクルマのサスペンションとハンドリングに関係しています。また、これらのセクションは、チューニングの際に多くの共通点があります。そして何よりも、これらのサスペンション設定を適切に行うためには、車の重量配分(前輪と後輪の重量配分)を知る必要があります。幸いなことに、この情報は簡単に得ることができます。

  1. 選んだクルマを走らせながら、「カスタム・アップグレード」メニューに向かいます。
  2. 「カスタムアップグレード」メニューでは、任意のカテゴリーから個別のアップグレードパーツを探してハイライト表示します。
  3. 画面の左下には、車の統計情報を表示するパネルがあり、デフォルトではPI-Classのカテゴリーが表示されます。
  4. コントローラーの “Y “ボタン、またはマウスやキーボードの対応するキーを押すと、さまざまなステータスページが表示されます。
  5. 2つ目の統計ページでは、「フロント」という統計があり、その横にパーセンテージが表示されています。このパーセンテージは、車の重量のうち、前半分にどれだけの重量が配分されているかを示しています。
  6. この割合を記録し、100%から差し引くと、後輪の重量配分の割合がわかります(例えば、フロントの重量配分が54%の車は、後輪の重量配分が46%になります)。
  7. サスペンションのチューニングには、車の前後の重量配分が非常に重要になります。

Forza Horizon 5のスプリング設定をチューニングするための情報をご紹介します。

  • スプリング。この設定は、サスペンションのスプリングの硬さを調整するもので、道路の急な段差や傾斜、高速コーナリング、離陸・加速などに対するクルマの対応力に影響します。柔らかいスプリングは変形しやすく、安定性に欠けますが、ジャンプや転倒への対応力は高くなります。硬いスプリングは、応答性を向上させますが、ハンドリングに悪影響を及ぼします。この設定を調整する前に、あなたの車のフロントとリアの重量配分を確認してください。また、電卓があると便利です。
    • フロントスプリングの調整は、”Stiff “の方向に押し切って最大値を見つけ、”Soft “の方向に押し切って最小値を見つけます。次に、”ソフト “の方向に押し切って最小値を求めます。最大値から最小値を引き、その結果にフロントの重量配分を乗じます(例えば、54%の場合は「0.54」となります)。その後、最小値の半分を戻します。これがあなたの最適なスタート地点です。
    • フロントスプリングの正確な計算式は、[(最大フロントスプリング設定値-最小フロントスプリング設定値)×フロント重量配分率]+(最小フロントスプリング設定値÷2)です。
    • リアスプリングの調整は、”Stiff “の方向に押し切って最大値を見つけ、”Soft “の方向に押し切って最小値を見つけます。次に、”ソフト “の方向にずっと押していくと、最小の設定値が得られます。最大値から最小値を引き、その結果にリアの重量配分を乗じます(例えば、46%の場合は「0.46」となります)。その後、最小値の設定を戻します。これがあなたの最適なスタート地点です。
    • リアスプリングの正確な計算式は、[(最大リアスプリング設定値-最小リアスプリング設定値)×リア重量配分率]+最小リアスプリング設定値です。
  • 車高。これらの設定は、車が地面からどのくらいの高さに位置するかをコントロールし、車のハンドリング性能やエアロダイナミクスに影響を与えます。一般的には、サスペンションが底付き(車輪の上部がホイールウェルに当たること、または車の下部が地面に当たること)しないように、車をできるだけ地面から低くしたいものです。しかし、オフロードのように、車高を高くすることが有効な場合もあります。
    • 車高を調整する際には、まず最も低い設定値を見つけ、そこから1〜2段階上げていくのが良いでしょう。問題があれば、いつでも車高を上げたり、必要に応じて調整したりすることができます
    • なお、通常よりも柔らかいスプリングを使用している車は、車高を少し高くする必要があります。
    • ゲーム内のテレメトリでサスペンションをモニターし、底付きしていないかどうかを確認することができます。

上記の提案は、大多数の車や一般的な使用方法では素晴らしい効果を発揮しますが、種類によっては代替スプリングチューニングが有効な場合もあります。ここではその例をご紹介します。

  • ドラッグチューニング。ドラッグレースでは、他のサスペンションセッティングと同様に、ジャンプやバンプ、ターンなどがないため、スプリングの重要性はそれほど高くありません。しかし、ここではドラッグチューンをさらに向上させる方法を紹介します。
    • 上記の一般的なチューニングから始めて、安定性を損なわない範囲でスプリングを柔らかくしていきます。
    • フロントの車高は可能な限り低く、リアの車高は高い方が良いでしょう。
  • ラリーやオフロードのチューニング。ラリーやオフロードのチューニングでは、すべてのサスペンションセッティングが大きな役割を果たしますが、あなたのクルマのスプリングも同じです。ここでは、知っておくべきことを説明します。
    • 上記のような一般的なチューンから始めて、そこから改良していきます。
    • ラリーカーの場合は、少し柔らかめのスプリングで少し高めの車高にすると効果的ですが、極端なオフロードカーの場合は、さらに柔らかめのスプリングで車高を最大にすると効果的です。
    • コーナリング中にタイヤが浮いていると感じたら、サスペンションを柔らかくしてください。車が思ったよりも地面に着いていない、もしくはしゃがみすぎていると感じたら、サスペンションを硬くする
    • サスペンションのテレメトリは、ラリーやオフロードカーのチューニングに大いに役立ちますし、レースの練習にもなります。
  • ドリフトチューニング。ドリフトレーシングカーのチューニングは、経験や好みに左右されるため、バランスを取りながら洗練されたものにしていく必要があります。しかし、いくつかのヒントがありますので、ぜひ参考にしてください。
    • 上記のような一般的なチューンから始めて、そこから改良していきます。
    • ドリフトカーは通常、非常に低い車高を持っていますが、(必要であれば)車高を上げ、スプリングを柔らかくすることで、さらなるグリップを得ることができます。

アンチロールバーセッティング

アンチロールバーは、クルマの左右のしなりをコントロールするためのもので、特に古いクルマや、クルマの性能を大きく変えるようなチューニングを施した場合には、ハンドリングに大きな影響を与えます。車のフロントとリアにアンチロールバーを設置し、それぞれを独立してチューニングすることで、セッティングやハンドリングを洗練させたり、特定の得意分野に向けて車を誘導するのに利用することができます。ここで、知っておいていただきたいことがあります。

Forza Horizon 5のチューニングオプションのうち、「ダンパー」、「スプリング」、「アンチロールバー」の3つのセクションは、いずれもクルマのサスペンションとハンドリングに関係しています。また、これらのセクションは、チューニングの際に多くの共通点があります。そして何よりも、これらのサスペンション設定を適切に行うためには、車の重量配分(前輪と後輪の重量配分)を知る必要があります。幸いなことに、この情報は簡単に得ることができます。

  1. 選んだクルマを走らせながら、「カスタム・アップグレード」メニューに向かいます。
  2. 「カスタムアップグレード」メニューでは、任意のカテゴリーから個別のアップグレードパーツを探してハイライト表示します。
  3. 画面の左下には、車の統計情報を表示するパネルがあり、デフォルトではPI-Classのカテゴリーが表示されます。
  4. コントローラーの “Y “ボタン、またはマウスやキーボードの対応するキーを押すと、さまざまなステータスページが表示されます。
  5. 2つ目の統計ページでは、「フロント」という統計があり、その横にパーセンテージが表示されています。このパーセンテージは、車の重量のうち、前半分にどれだけの重量が配分されているかを示しています。
  6. この割合を記録し、100%から差し引くと、後輪の重量配分の割合がわかります(例えば、フロントの重量配分が54%の車は、後輪の重量配分が46%になります)。
  7. サスペンションのチューニングには、車の前後の重量配分が非常に重要になります。

Forza Horizon 5でアンチロールバーの設定をチューニングする際の注意点をご紹介します。

  • アンチロールバー。アンチロールバーのチューニングには、フロントとリアの柔らかさと硬さを変えるという2つの選択肢しかありません。アンチロールバーは、コーナリング時のクルマのたわみに影響するため、当然ながらクルマの操縦性を大きく変えることになります。この設定を行う前に、自分のクルマの前後重量配分を確認しておきましょう。また、電卓を用意しておくと便利です。
    • フロントのアンチロールバーを調整するには、「64」にフロントの重量配分率を乗じます(例えば、54%の場合は「0.54」)。その結果得られた数値に「0.5」を加えてください。これが最適なスタート地点となります。
    • フロントアンチロールバーの正確な計算式は、(64×フロント重量配分率)+0.5です。
    • リアのアンチロールバーを調整するには、「64」にリアの重量配分率を掛けます(例えば、46%の場合は「0.46」となります)。その結果得られた数値に「1」を加えてください。これが最適なスタート地点となります。
    • リア・アンチロール・バーの正確な計算式は、(64×リア重量配分率)+1です。

上記の提案は、大多数の車や一般的な使用方法では素晴らしい効果を発揮しますが、いくつかの種類のチューニングでは、別のアンチロールバーのチューニングが有効な場合があります。ここではその例をご紹介します。

  • ドラッグチューニング。アンチロールバーのチューニングはドラッグレース車にはあまり効果がありませんが、アンチロールバーを柔らかくすると発進時のグリップ力が向上し、硬くすると発進時の安定性が向上します。
    • 上記のような一般的なチューンから始めて、そこから改良していきます。
  • ラリーやオフロードのチューニング。他のサスペンションセッティングと同様に、アンチロールバーもラリーカーやオフロードカーに大きな影響を与えます。ここでは、そのポイントをご紹介します。
    • 上記のような一般的なチューンから始めて、そこから改良していきます。
    • 路面が荒れているほど、アンチロールバーを柔らかくする必要があります(これは、レースごとにその場で変更することができる)。
    • コーナリング時にタイヤの浮き上がりが気になる場合は、アンチロールバーを柔らかくしてください。
    • サスペンションのテレメトリは、ラリーやオフロードカーのチューニングに大いに役立ちますし、レースの練習にもなります。
  • ドリフトチューニング。アンチロールバーを適切にチューニングすることで、ドリフトカーの始まりをドリフトモンスターに変えることができますが、それには洗練された技術が必要です。ここでは、そのために必要な知識をご紹介します。
    • フロントのアンチロールバーについては、上記のような一般的なチューニングから始めて、そこから改良していきます。
    • リアのアンチロールバーは、ドリフト時のコントロールを維持しつつ、できるだけ下げます。

アライメントチューニング

これまでのセクションでは、車のサスペンションとハンドリング・プラットフォームの特定の部分に焦点を当てていましたが、「アライメント」セクションでは、車のサスペンション全体を網羅しています。このセクションでは、サスペンションの位置やホイールとの関連性を調整することができます。このセクションのチューニングは比較的高度で、常に試行錯誤が必要ですが、適切に行えばクルマのハンドリングをさらに向上させることができます。ここでは、そのために必要なことを説明します。

Forza Horizon 5 のチューニングオプションのうち、「アライメント」、「ギアリング」、「タイヤ」の 3 つのセクションは、いずれもこれまでのセクションよりも高度なものとなっており、適切なチューニングや改良を行うためには、追加の情報や広範な試行錯誤などが必要となります。これらのセクションは、初めての方には難しいかもしれませんが、幸いなことに、ほとんどのユーザーやクルマにとってはスキップしても問題ないものです。ただし、これらのセクションをチューニングする場合は、慣れるまでに時間がかかることと、多くの実験が必要であることを念頭に置いてください。これら3つのセクションは、FH5のゲーム内テレメトリー・メニューを自由に使うことで、大きな効果を発揮します。

Forza Horizon 5』のアライメント設定を調整するためのポイントをご紹介します。

  • キャンバー。キャンバーとは、ホイールの垂直方向の傾きのことです。車輪の上部が内側に傾いていればネガティブキャンバー、外側に傾いていればポジティブキャンバーとなります。これはコーナリング性能に直結します。高速でのコーナリング時にはクルマのホイールが変形しますが、キャンバーがニュートラルでないことで、コーナリング時に路面に接するタイヤの量を最大にすることができ、グリップ力が向上します。
    • 車がまっすぐに並んでいるとき、キャンバーは全体的にネガティブになっているはずです。コーナリング中は、キャンバーをできるだけニュートラル(またはゼロ)に近づけることが目標です。
    • チューニングメニューでは、キャンバーはほとんどの場合ネガティブになり、フロントとリアともに「-0.5」から「-1.5」の間に収まります。
    • アライメントのキャンバー設定を調整するには、テレメトリーメニューの「タイヤ、その他」を表示した状態で、舗装された道路に車を走らせます。道路上で強く曲がるときには、必ず外側のタイヤ(曲がる反対側のタイヤ)のキャンバーを確認してください。キャンバーの数値がプラスとマイナスの間を急激に変動し、ほとんどの場合、ゼロに近い状態になっているのが理想的です。何度も通過してすべてのホイールを観察し、表示された平均値を記録します。
    • チューニングメニューに戻り、走行中に確認したキャンバーを調整します。例えば、前輪のキャンバーが常に「-0.3」前後だった場合は、ポジティブキャンバーを「0.3」追加します。各ホイールの調整を続け、テレメトリーメニューでこまめにテストしながら、納得のいくまで調整します。
    • 一貫して完璧にできない場合は、キャンバーを少しプラスにするよりも、少しマイナスにする方が良いでしょう。
  • トー。トーはキャンバーの反対で、ホイールの水平方向の傾きを意味します。ホイールの前部が内側に傾いていればネガティブトー、外側に傾いていればポジティブトーです。通常、トーは実用的ではなく、ハンドリングやコーナリング性能に悪影響を及ぼすため、使用頻度は非常に低いです。
    • トーは、特定の状況を除き、ほとんどの場合ゼロに保たれます。
  • キャスター。キャスターは、ホイールではなく、サスペンションシステム全体の傾きに影響します。キャスターの値が大きいほど、基本的には「ダイナミック」なキャンバーが得られ、車にネガティブキャンバーを追加することができます。キャスターは、車をよりまっすぐにするのに役立ちます。これは様々な状況で有効であり、ほとんどの車はある程度のキャスターを持っています。
    • ほとんどの車では、キャスターを「5.0」に設定するのが良いスタート地点となります。キャンバーの調整がうまくいかない場合や、ネガティブキャンバーの追加が必要な場合は、この設定をさらに調整することができます。
    • キャスターを調整するには、キャンバーの設定を全面的に見直す必要があることを覚えておいてください。

上記の提案は、大多数の車や一般的な使用方法では素晴らしい効果を発揮しますが、いくつかの種類のチューンでは、別のアライメント調整が有効な場合があります。ここではその例をご紹介します。

  • ドラッグチューニング。ドラッグレース用にチューニングされた車は、曲がることを前提としていないため、アライメントの設定もそれに合わせて行う必要があります。ドラッグレース用のアライメント調整は、試行錯誤が少なくて済みます。
    • キャンバーは、車が回転していない状態での座り心地に応じて、通常「0」から「-1」の間で設定されます。リアキャンバーはポジティブな場合もある
    • 発進時の安定性に悩んでいる場合は、リアのトーを少しプラスにすると良いでしょう。
    • キャスターは、安定性を高めるために、ほとんどの場合、最大にする必要があります。
    • 発進時やレース中の車のキャンバーをテレメトリーでモニターし、限りなくゼロに近づける。
  • ラリーやオフロードのチューニング。ラリーカーやオフロードカーは、一般道を走る車と同じようなセットアップでありながら、マイナーチェンジをすることが多く、それはアライメントのチューニングにも及びます。
    • キャンバーとキャスターを調整する際には、上記の一般的な調整から始めて、そこから改良していきます。
    • ラリーカーやオフロードカーでは、トーをもっと試すことができます。フロントのトーを正にすると、旋回時にオーバーステアが強くなり、フロントのトーを正にすると、車のリアをより安定させることができます。どちらも一度に変更する量はごくわずかです。
  • ドリフトチューニング。最適なドリフトを行うためには、常識では考えられないようなハンドリングやドライバーのコントロール能力を中心とした緻密なチューニングが必要となるため、プレミアムドリフトカーにはアライメントチューニングが欠かせません。
    • キャンバーを調整する際には、フロントが「-0.5」、リアが「-0.2」から始めるのが良いでしょう。コントロールを失ってスピンすることが多い場合は、リアのキャンバーをよりネガティブにすることができます。
    • トーはドリフトカーのチューニングに有効なツールであり、その多くは個人の好みによるものです。
    • ポジティブなフロントトーは、明確なドリフトのためのステアリングを容易にしますが、それ以外の状況ではクルマをコントロールするのが難しくなります(純粋なドリフトカーには適していますが、ドリフトもするクルマには適していません)。
    • ポジティブなリアトーは、一度に長い時間ドリフトすることを容易にしますが、車をコントロールすることが難しくなります。リアトーをネガティブにすると、安定性とコントロール性が向上するが、ドリフトの時間を長くすることが難しくなる
    • ほとんどの場合、安定性とコントロールを向上させるために、キャスターはできるだけ高くする必要があります。

ギアリング(トランスミッション)チューニング

Forza Horizon 5でプレイヤーに提供されているすべてのチューニングオプションの中で、「ギアリング」は間違いなく最もニュアンスに富み、アクセスしづらいものとなっています。ギアリングを調整することで、最高速度と全体的な加速の両方で車のパフォーマンスを一変させることができますが、車を全く使えなくしてしまうこともあります。ギアのチューニングには正しい方法はなく、主観的で、膨大な量の試行錯誤と実験が必要で、大多数の車には不要な場合が多いのです。

しかし、適切なギアチューニングの方法を練習して身につけることは、「良い」チューニングと「素晴らしい」チューニングの違いを生み出します。ギヤチューンをしなくても、簡単にクルマを良くする方法があります。ここでは、その方法をご紹介します。

Forza Horizon 5 のチューニングオプションのうち、「アライメント」、「ギアリング」、「タイヤ」の 3 つのセクションは、いずれもこれまでのセクションよりも高度なものとなっており、適切なチューニングや改良を行うためには、追加の情報や広範な試行錯誤などが必要となります。これらの項目は、初めての方には敷居が高いかもしれませんが、多くのユーザーやクルマにとっては、スキップしても問題ない項目でもあります。これらのセクションをチューニングする場合は、熟練するまでに時間がかかり、多くの実験が必要であることを覚えておいてください。これら3つのセクションは、FH5のゲーム内テレメトリー・メニューを自由に使うことで、大きな効果を発揮します。

Forza Horizon 5のギアリング設定をチューニングする際の注意点をご紹介します。

  • 一般的なヒント。 Forza Horizon 5のギア調整は、他のセクションに比べて明確ではありませんが、毎回適用できるヒントやコツがあり、より早くコツを習得することができます。
    • パワーバンドとは、車の回転数に応じてパワーやトルクが増加する仕組みのことです。車のエンジンをアップグレードすると、この情報をグラフで見ることができます。黄色い線がパワー(馬力)、赤い線がトルク(ft-lb)を表しています。ほとんどの車の場合、この線は約5,242回転で交差しています。
    • このグラフを理解することで、自分の車がどこで最もパワーを発揮しているかを知ることができ、ギアのチューニングをより効果的に行うことができるかもしれません。
    • ギアチューニングは、特に始めたばかりの頃は試行錯誤の連続であることを忘れてはいけません。ギア比を調整して、車の性能にどのような影響を与えるかを確認することは、時間をかけて学習することにつながります。
    • チューニングを始める前に、自分のクルマのデフォルトのギアリング・チューンの設定を確認しておきましょう。万が一、失敗してしまっても、これまでのチューニングの成果を失うことなく、すぐに初期設定に戻すことができます。
  • ファイナルドライブ。ファイナルドライブは、車のギアが全体的にどのように調整されているかを示すもので、各ギアに入り込まずに車の性能を変える最も簡単な方法です。細かい調整が苦手な方は、ここから始めるのが良いでしょう。
    • 素早くギアを調整したい場合は、すべてのギアがグラフ全体にきれいに収まり、空洞やギアの端がないようにファイナルドライブを調整することができます。また、画面の左側に表示されている加速度や速度の統計データに注目して、ファイナルドライブのスイートスポットを見つけることもできます。
    • すべてのギアを微調整するつもりであれば、ファイナルドライブのオプションは最後まで残しておきましょう。個々のギアを変更すると、ファイナルドライブの設定に悪影響を及ぼしますが、ファイナルドライブを変更しても、個々のギアで行った作業が台無しになることはありません。
    • ファイナルドライブの設定を任意に変更することで、加速やスピードを重視したチューニングを行うことができ、レースやコースに応じた準備を素早く行うことができます。
  • フォワードギア。Forza Horizon 5では、車の各ギアの比率を調整することができます。レシオが狭い、つまり短いギアは加速に有利で、レシオが広い、つまり長いギアはスピードに有利です。この2つのバランスを取りながら、車の最適なパワーバンドにシフトすること、発進時にパワーを無駄にしないこと、頻繁にシフトチェンジすることでギアを無駄にしないこと、これらがギアチューニングの重要なポイントです。
    • これらをすべて考慮に入れるのは容易なことではなく、成功させるためには多くの実験が必要です。最初からうまくいくとは思わないでください。
    • クルマの発進力は、最初のギアにかかっていると言っても過言ではありません。ホイールスピン(車輪が路面との接触を失い、パワーを浪費すること)を防ぎ、2速に移行する前にレブリミッターに何度もぶつかること(回転計が最大回転数から外れてしまうこと)を避けたいものです。
    • 2速にシフトアップする際には、車の最適な回転数にシフトアップしたい(これは、車のパワーバンドを知った上での試行錯誤です)。
    • 次のギアでは、前のギアよりも少し高い回転数でシフトしたいと思うでしょう。
    • チューニングメニューの右側に表示されるグラフをモニターすることで、クルマの全体的なギアリングパターンを把握することができます。ほとんどのクルマでは、最適なギアリングの設定は、1速が最も長く、1速ごとに少しずつ短くなっていくという、形状が似たカーブを描いています。

上記の提案は、大多数の車や一般的な使用方法では素晴らしい効果を発揮しますが、いくつかの種類のチューンでは、別のギアリングのチューンが有効な場合があります。ここではその例をご紹介します。

  • ドラッグチューニング。ドラッグレースは非常にスピーディーで、マイクロ秒単位で勝敗が決まることも少なくありません。そのため、緻密なギアチューニングは、一般的なチューニングに比べて非常に難しいものとなります。
    • さらに重要なことは、ドラッグランを頻繁に行い、「最適なパワーバンド」、つまり車が最大限の力を発揮する回転数にほぼ確実にシフトしているかどうかを確認することです。
    • シフトタイミングも非常に重要です。ドラッグレースのコースによっては、最後の最後でシフトチェンジをしないように試行錯誤することもあります。シフトチェンジのために減速した一瞬の隙が、レースの勝敗を分けることになるのです。
    • 車によって違いますが、ドラッグレースではギア数が少ない方が有利な車が多いです(FH5ではトランスミッションをアップグレードして10速まで対応できますが、光速のドラッグレースでは頻繁なシフトチェンジは不利になることが多いです)。
  • ラリー、オフロードのチューニング。ラリーやオフロードレースは、ロードレースや一般的なドライビングと共通する部分が多いため、上記のチューニングガイダンスと大きな違いはありません。
    • ラリーやオフロードのレースでは、ロードレースに比べてトップスピードが低いことが多いので、ファイナルドライブはスピードよりもアクセルに近いチューニングをするのがコツです。
    • 車の最高速度を決定し、ファイナルドライブを調整することで、車の発進と加速が速くなり、なおかつ希望の最高速度に達することができます。この設定はレースごとに変更することができます。
  • ドリフトチューニング。ドリフトでは、クルマの性能やハンドリングを常にコントロールする必要がありますが、そのためにはギアのチューニングが重要になります。
    • 繰り返しになりますが、これは試行錯誤と自分の好みの問題です。常に微調整を行い、さまざまなドリフトコーナーで試してみてください。
    • シフトチェンジの際には、レブリミッター(赤い線)に跳ね返らないようにして、最大回転数に達する前にシフトチェンジします。
    • また、ドリフトの途中でシフトチェンジすることや、低いギアでコーナーに入っていくこと(パワーが出ずに勢いがなくなる)、高いギアでコーナーに入っていくこと(パワーが出すぎてコントロールできなくなる)も避けたいところです。
    • 自分が最もドリフトしやすい(車のセッティングが適している)ギアを見つけて、そのギアを長くし、隣の2つのギアを短くする。
    • 全体的に見て、大多数のプレイヤーは純正ギアのチューニング、または非常に小さな調整で済ませることができます。
    • マニュアルシフトでドリフトが楽になります

タイヤチューニング

クルマの性能を引き出すためには、タイヤを地面に接地させなければならないからです。タイヤのチューニングで重要なのは、タイヤ温度とタイヤ空気圧の2つです。タイヤの温度と空気圧は、どちらも大きな要素です。これを適切に調整することで、クルマの路面に対するグリップを確保し、ハンドリングやコントロール性を向上させ、車輪を回す力を実際の運動量につなげることができます。ここで、知っておいていただきたいことがあります。

Forza Horizon 5 のチューニングオプションのうち、「アライメント」、「ギアリング」、「タイヤ」の 3 つのセクションは、いずれもこれまでのセクションよりも高度なものとなっており、適切なチューニングや改良を行うためには、追加の情報や広範な試行錯誤などが必要となります。これらのセクションは、初めての方には難しいかもしれませんが、幸いなことに、ほとんどのユーザーやクルマにとってはスキップしても問題ないものです。ただし、これらのセクションをチューニングする場合は、慣れるまでに時間がかかることと、多くの実験が必要であることを念頭に置いてください。これら3つのセクションは、FH5のゲーム内テレメトリー・メニューを自由に使うことで、大きな効果を発揮します。

Forza Horizon 5のタイヤ設定をチューニングするためのポイントをご紹介します。

  • タイヤの空気圧。車のタイヤの空気圧(PSI)は、タイヤの「硬さ」と「柔らかさ」をおおまかに表しています。硬いタイヤは応答性が高く、変形しにくいのですが、グリップ力が低下します。柔らかいタイヤはグリップ力が高く、全体の温度も高くなりますが、コントロールが難しくなります。
    • タイヤのテレメトリーは、FH5でのタイヤのチューニングに非常に有効です。テレメトリーメニューでは、タイヤの温度と、その温度でのPSIを視覚的に表示することができます。
    • タイヤのグリップがピークに達するのは、温度表示が黄色に変わり始めた頃です。
    • この時点で、ほとんどの状況でのピーク時のタイヤ空気圧は約33PSIとなります。
    • 通常の走行や激しいバーンアウトを数回行うことでタイヤを温めたる事ができます。
    • タイヤの空気圧が高いと全体の温度が下がり、低いと全体の温度が上がります。タイヤの温度上昇が早く、最適なPSI値である33に達しない場合は、ベースとなるタイヤの空気圧を上げてください。タイヤの温度上昇が早く、最適なPSI値である22を超えてしまう場合は、ベースとなるタイヤの空気圧を下げてください。

上記の提案は、大多数の車や一般的な使用方法では素晴らしい効果を発揮しますが、いくつかの種類のチューンでは、代替のタイヤチューンが有効な場合があります。ここではその例をご紹介します。

  • ドラッグチューニング。ドラッグレースでは、車が地面とのグリップを失わないように、つまりパワーを無駄にしないようにすることが、タイムアップには欠かせません。
    • タイヤの空気圧は、パワーのあるホイールであれば、グリップ力を最大限に発揮するために、できるだけ低くする必要があります。
    • コントロール性と安定性を最大限に高めるために、動力のない車輪のタイヤ空気圧はできるだけ高くします。
    • 車の動力付きホイールが高速で苦しんだり、コントロールを失ったりする場合は、タイヤの空気圧を高めに調整します。車の非力な車輪がスピンしたり、グリップを失ったりする場合は、タイヤの空気圧を低く調整してください。
  • ラリー、オフロードのチューニング。ラリーやオフロードレースでは、路面との接触が断続的になることが多いため、タイヤの温度は全体的にそれほど重要ではありません。つまり、タイヤの空気圧はそれだけで大きな役割を果たしており、実験の余地があります。
    • 自分の好みのスタイルが見つかるまで、タイヤの空気圧を試してみてください。
    • タイヤの空気圧を低くすると、安定性が増し、荒れた路面にも寛容になります(ミスしてもリカバリーしやすくなります)。ただし、反応速度と応答性は低下します。
    • タイヤの空気圧を高くすると、地形の変化を感じやすくなるため、反応速度や応答性が回復しますが、ミスをしたときのリカバリーが難しくなります。
    • 通常、地形が荒れているほど、タイヤの空気圧は低くする必要があります
  • ドリフトチューニング。この時点では驚くべきことではありませんが、コントロールとハンドリングに大きな役割を果たすタイヤの空気圧と温度は、ドリフトにも非常に重要な意味を持ちます。
    • 上記のような一般的なチューンから始めて、そこから改良していきます。
    • 一般的に、フロントタイヤの空気圧は少し高め(ドリフト時のコントロール性を高めるため)、リアタイヤの空気圧は少し低め(グリップ力を高め、ホイールスピンを抑えるため)に設定します。

リファイニングチューン

初期のチューニングには多くの時間を要し、その効果は絶大ですが、それだけではありません。しかし、それだけではありません。時間をかけてチューニングを調整したり、レースやイベントの前にその場で設定を変更したりして、状況に応じた最適なチューニングを行うことができます。操縦性や安定性の悪さなど、クルマの改善点に気づいたら、チューニングの設定を微調整して、懸念事項を減らしたり、問題を軽減したりすることができるのです。ここでは、チューニングを改良する際の一般的なヒントをご紹介します。

  • 一般的なヒント。Forza Horizon 5』でチューンを洗練させたり改良したりすることは重要な作業であり、その作業に役立つ情報はたくさんあります。ここでは、常に心に留めておきたい簡単な一般的なヒントをご紹介します。
    • 試行錯誤を繰り返しながら、問題点を診断し、チューニングで解決していきます。
    • 診断された問題を解決しようとするときは、一度にいくつかのエリアに小さな変更を加え、頻繁にテストするようにしてください。大幅な変更は新たな問題を引き起こす可能性があり、一度に大きな変更や多くの設定を変更すると、新たな問題の原因を見つけるのが非常に困難になります。
    • 車のチューニングは、最終的には個人の好みによるということを忘れないでください。車のアップグレードやチューニングの方法はひとつではありませんし、どのように選択するかは、あなたが車をどのように扱いたいか、何のために車を使うのかによって異なります。
  • アンダーステア。アンダーステアとは、『Forza Horizon』シリーズでプレイヤーが遭遇する最も一般的な問題の1つで、車がターンに反応せず、期待通りのハンドリングが得られない状態を指し、多くの場合、前輪がトラクションを失っていることを示します。アンダーステアはハンドリングに大きな影響を与えるため、車を運転する上で非常にイライラする原因となります。ここでは、アンダーステアが発生した場合に、チューニングの設定を簡単に変更する方法をご紹介します。
    • フロントのアンチロールバー、スプリング、ダンピングの伸側の硬さを柔らかくします。
    • フロントダンピングバンプの剛性をアップします。
    • フロントダウンフォースの増やします。
    • リアへの差動力を高める(AWD車の場合)
    • 一般的なディファレンシャルロック率の減少
  • オーバーステア。アンダーステアの反対の意味を持つオーバーステアは、車が旋回に過剰に反応してリアが制御不能な状態でスピンし始めることを指し、多くの場合、後輪がトラクションを失っていることを示します。オーバーステアが強すぎると、車が全く制御不能になってしまうことがあります。しかし、オーバーステアはドリフトのセットアップではしばしば必要とされ、(少なくとも『Forza Horizon』のゲームでは)少量であればアンダーステアよりも管理しやすいものです。ここでは、オーバーステアが発生している場合に、チューニングの設定を簡単に変更する方法をご紹介します。
    • リアのアンチロールバーやダンピングの反発剛性を柔らかくする。
    • リアのダウンフォースを増やします。
    • ディファレンシャルパワーを中央に寄せて変更します(AWD車用)。
    • 全般的にディファレンシャルロックの割合を増やします。
    • リアアライメントのトーインを増やします。
  • グリップがない。この問題は、車が動力を得たときにタイヤがトラクションを維持できているかどうかを示すもので、特に発進時やカーブからの加速時に、車の性能が予想よりも大幅に低下することがあります。特に、アンダーステアやオーバーステアなどの症状が出ることが多く、それらの症状に合わせた調整を行うことで解決することもあります。多くの状況下でトラクションの維持に苦労している車は、タイヤのコンパウンドをアップグレードしても、性能やエンジンパワーの大幅な向上に追いつけないことが原因の場合もあります。ここでは、グリップが低下したときのチューニング方法をいくつかご紹介します。
    • 一般的にタイヤの空気圧を下げます。
    • アンチロールバーとスプリング全般を柔らかくします。
    • ダンピング・リバウンド・バンプの硬さ全般の調整。
    • 一般的なダウンフォースの増加。
    • ディファレンシャルパワーを中央に寄せて変更(AWD車用)
    • 一般的なディファレンシャルロック率の低下。
    • アライメントキャンバー全般の調整。
    • よりスピードに合わせてギアを変えます。
    • テレメトリを使用して、タイヤの温度がオーバーヒートしていないか、または十分に加熱されていないかを確認し、そうであればタイヤの空気圧を全般的に調整する
  • 安定しない。安定性とは、走行中にクルマが制御不能になることが多く、操作性が悪く、安定性に欠けることを指します。この問題は、特にオフロードカーに多く見られます。適切にチューニングされていないと、バンプやジャンプで車が予想外の反応をしてしまうからです。不安定さには様々な問題が含まれ、アンダーステアとオーバーステアの両方が組み合わさっている場合もあり、(特に大幅なアップグレードや改良を受けた車では)追跡して修正するのは困難です。ここでは、不安定さを感じる場合に、チューニングのセットアップを簡単に調整する方法をご紹介します。
    • フロントサスペンションを柔らかくします。
    • ダンピングの伸側とバンプの硬さ全般、特に伸側とバンプの硬さのギャップを前後とも調整します。
    • ダウンフォース全般の調整。
    • 一般的なアライメントのトーインの減少。
    • 走行中にサスペンションが底付きしていないか(車が地面に当たっていないか)をテレメトリーで確認し、底付きしている場合はスプリング全般を硬くする。

4

One thought on “Forza Horizon 5チューニングガイド(翻訳) #ForzaHorizon5”

  1. いつもありがとうございます。

    ブレーキチューンについてですが、1/28現在ブレーキバランス設定が説明と反対になっているようです。フロント100%に振ればむしろリアが強く効いてオーバーステアになり、リア100%に振るとアンダーステアになります。
    もしかするとForzaHorizon特有の解釈で、一般的な設定値と逆にしているのかとも思いましたが、このような翻訳やゲーム中の説明を見てもあべこべなんですよね・・・。

    1

コメントを残す