Forza Motorsport 7 2019-05-07 アップデート #Forza7

5月はインディアナポリス500がある輝かしい月で、Forza Motorsport 7の5月のアップデートでもIndyCarを祝福しています。IndyCarをテーマにしたイベントと、10名の現役IndyCarプレイヤーとのバウンティハンターが行われます。

5月のアップデートでは、Turn 10によるFRR機能セットの継続的な開発の一環として、Forza Race Regulations(FRR)に新しい機能が追加されたほか、今月のリリースノートで詳細が説明されています。

今月のスポットライトカー

2019 Dallara DW12とユニバーサルエアロキット

2012年のシーズン以降、IndyCarではダラーラ製DW12を共通シャーシとして使用してきました。2018年にはレースをより競争的にするため、メーカー毎に開発されていたエアロキット(ボディ)を、現在のユニバーサルエアロキット(UAK18)に統一しました。UAK18にはロードレース用の物とスーパースピードウェイ(オーバル)用の2種類のエアロキットが用意されており、ゲーム内でも換装が可能です。

また、現在IndyCarはシボレーまたはホンダにより製造された、600馬力以上出すツインターボV6エンジンを搭載しています。

2019 Honda #15 Rahal Letterman Lanigan Racing Dallara — Driven by Graham Rahal and powered by Honda.

2019 Honda #9 Chip Ganassi Racing Dallara — Driven by five-time series champion Scott Dixon and powered by Honda.

2019 Chevrolet #2 Team Penske Dallara — Driven by 2017 series champion Josef Newgarden and powered by Chevrolet.

2019 Chevrolet #22 Team Penske Dallara — Driven by 2016 series champion Simon Pagenaud and powered by Chevrolet.

1969 Ford Brawner Hawk III

1969年は、輝かしいアンドレッティ家の始まりであり、F1カーチャンピオン、IndyCarチャンピオンの両方をとった男、マリオ・アンドレッティが初めてIndy 500のタイトルを獲得した年です。その時に彼が乗っていたのが、Brawner Hawk IIIでした。今回は彼の初タイトル50周年の記念ペイントと、1969年当時のペイントを選択できるようになっています。

2018 Corvette ZR1 Pace Car

今年、コルベットは3年連続でIndyCarのペースカーを務めます。コルベットは過去16回、シボレーとしては30回ペースカーを務めています。1世紀続いているレースだとしても悪くない数字です。このユニークなForza Indy 500 Pace CarはコルベットZR-1をベースにしています。

Forza Motorsport 7アップデート – ゴースト&プライベートロビー

4月、Turn 10はForza Race Regulationsの最初のパブリックベータを開始しました。5月のアップデートで、チームはプレイヤーが利用できるようになる追加のFRR機能を追加しました。最初に、ラップされたプレイヤーはゲーム内でシングルプレイヤーモードとマルチプレイヤーモードの両方でゴーストになります(ドリフト、タグ、ミートアップなどのロビーは除く)。

第二に、プレイヤーはプライベートロビーでFRRルールセットを有効にすることができます。FRR対応のプライベートロビーを設定する場合、プレイヤーはFRRルールのオンとオフのみを切り替えることができます。最後に、5月のアップデートでは、より細かいFRRペナルティ時間(現在は0.25秒の増分で測定される)が見られます。これは、コミュニティからのフィードバックに基づくペナルティの直接調整です。

その他5月のアップデートでは、定期レースにSpectateティッカーを追加したり、ゲームの車のヘッドライトに関するいくつかの問題に対処したり、Forza MotorsportのPC版の安定性の問題を修正したりしました。

IndyCarバウンティハンター

5月に開催されたIndyCarのお祝いの一環として、5月のアップデートの開始と共に特別なBounty Hunterイベントを開催します。この版ウンティハンターでは、プレイヤーはブリックヤードスピードウェイで、実際のIndyCarドライバーとタイムを競います。

次が、バウンティハンターの対象となる方とそのゲーマータグ、リワードの一覧になります。

Driver Gamer Tag Reward #1 Reward #2
Jack Harvey Jharvey42 2011 Audi #2 Audi Sport Team Jest R15++ TDI 100,000 CR
James Hinchliffe Hinchcliffe5 1996 Ferrari F50 GT 100,000 CR
Conor Daly ConorDaly22 1967 Honda RA300 100,000 CR
Josef Newgarden JNRACERTPX2 2017 Chevrolet #2 Team Penske Indycar 100,000 CR
Spencer Pigot spigot07 1976 McLaren #11 Team McLaren M23 100,000 CR
Simon Pagenaud Darthpag22 2013 SRT #91 SRT Motorsport GTS-R 100,000 CR
Colton Herta ColtonHerta 2016 Pagani Huayra BC 100,000 CR
Santino Ferrucci SFerrucci19 1967 Brabham BT24 100,000 CR
Matheus Leist Leist4 1981 BMW M1 100,000 CR
George Michael Steinbrenner IV SteinbrennerIV 1950 Alfa Romeo 158 100,000 CR
参加賞 2017 Chevrolet #4 AJ Foyt Enterprises Indycar 500,000 CR

このライバル戦は、UTCで6/5午前0時(日本時間では6/5午前9時)に締め切られます。

また、1969 Brawner Hawk IIIが登場するスポットライトライバルイベントと、2019 IndyCarが使用されるIndyCar Division Hopperが追加されているので是非探してみてください。

リリースノート

FM7 Release Notes: May 7th, 2019 – Forza Support

バージョン情報

  • PC: 1.295.960.2
  • Xbox: 1.295.960.0

ヘッドライト

  • レース中やレース前のロビーでは、一部の車のヘッドライトが点灯しない問題を修正しました。
  • ポップアップヘッドライトを装備した車でプレイヤーがナイトレースを行っているときに、元の車を維持するために別の車に切り替えてバックアウトすると、ヘッドライトが閉まり、レース中に点灯しなくなる問題を修正しました。
  • テストドライブに入ってから、同じようなヘッドライトの車に変更した後に、プレーヤーの車のヘッドライトが機能しなくなる問題を修正しました。

フォースフィードバック

  • フォースフィードバックスケールを調整すると最大トルク出力もスケールされ、プレイヤーが設定を縮小したときにFFBが以前の値でクリップするという問題が修正されました。

全体

  • プレーヤーがHUDオプション – >ゴーストをオンに設定すると、プレーヤーのホットラップゴーストがトラック上に表示され、レースが開始され、プレーヤーが少なくとも1ラップを完了するまでゴーストはトラック上で静止したままになる問題を修正しました。
  • フリープレイで、AIドライバーがレースに勝利し、その後、レース後のメニューでプレイヤーが「再スタート」を選択した場合、AIドライバーの車が表彰台の画面で透明に表示される問題を修正

トラック

  • LAGUNA SECA:誤ったアンチチートタイヤの壁の影を削除しました。 Andretti Hairpinの前にドリフトゾーンを追加しました。
  • 鈴鹿:偽のアンチチートタイヤウォールシャドウを削除しました。また、鈴鹿東サーキットのデフォルト周回数を2周から4周に変更。
  • HOMESTEAD:以前に取り外したアンチチートタイヤウォールのコリジョンメッシュを削除しました。濡れたリボンの一部のタイヤウォールで衝突がなく、片面テクスチャが特徴の問題を修正しました。

PC

  • PC版のForza Motorsport 7無料試用版がクラッシュする問題を修正しました。

マルチプレーヤー

  • タイムレースにティッカーを追加しました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください