git-credential-winstore

git-credential-winstore.

このツールはGit(msysGit)のログイン情報(ユーザー、パスワード)をWindowsの資格情報マネージャに保存するようにするためのツールで、一度ログオン情報を入力すれば、それ以降パスワードの入力をする必要がなくなります。

インストールは上リンク先のCodePlexのサイトからインストーラーをダウンロードし、インストールすればOKです。(途中で確認のダイアログが出る)

msysGitで初めてそのサイトにログオンすると次のようなGuiのログインプロンプトが表示されます。

ここでログイン名、パスワードを入力すれば、その情報が安全に資格情報マネージャに保存され、これ以降そのサイトにアクセスする際には、パスワードを入力する必要がありません。

複数のサイトを利用していると、面倒だったり、git extensionsのためにどうしてもそうする必要性があってGitリポジトリのリモートの設定のURLにユーザー名・パスワードを平文で入れてしまったり、netrcのファイルを書いたりということがあるかもしれませんが、このツールを使用してWindowsの資格情報マネージャに保存させておく方が、情報が強力に暗号化されますし、暗号化された状態でバックアップもとれるので安心です。

資格情報はで「コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\資格情報マネージャー」確認できます。

資格情報マネージャ

この機能を削除したいときには、homeディレクトリの.gitconfigに[credential]というセクションがあって、ログインの資格情報入力をGit本体では無い外部ツール(本ツール)を使用する設定となっていますので、このセクションの内容を消してしまいます。

 

 

 

3 thoughts on “git-credential-winstore”

  1. Git for Windows 1.8.2以降なら標準で含まれているはずなので、別途インストール不要なはずです。(最近はてブされた方がいたので一応追記)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください