I18N : 国際化のもう一つの顔

Sorting It All Out : Another face of internationalization

国際化における文化面の重要性について。元記事ではオンライン広告での話をしています。

先月27日の勉強会の後半でもお話ししましたが、ソフトウェアの国際化を行い、特定の地域向けにローカライズしていく場合には、その地域の文化的特徴、特にLocaleでは表現できない文化や慣習への配慮が必要になります。これは元の記事にあるように実際にものを売る場合には広告面やマーケティング面でも重要になります。

技術者が国際化に対応していくこととは、なぜアメリカではクリスマスシーズンといわずに、わざわざホリデーシーズンと言い換えているのか、日本はなぜ堂々とクリスマスバーゲンといえるのか、 そのようなある意味些細なところにも気づいて調べ、考えてみるセンスが、技術以前に必要なのかもしれません。

コメントを残す