Kindle Development Kit(KDK)の申し込み受け付け開始

詳細内容全く不明ですが、以下のリンク先にてKindle SDKというか、KDKと言うものの申し込みを受け付けています。どんな言語を使うとか、どんな開発環境なのかはよくわかりません。一応Amazonで販売した場合Amazonの取り分は3割、こちらは7割となるようです。

動作環境の制限がiPhoneやAndroidよりも遙かに厳しいので、よりアイデア勝負な感じになると思います。

個人的には初代Simcityなんていいんじゃないかと思ったりします。モノクロだし。

Kindle Development Kit

コメントを残す