Micorosoftがコミュニティへの広範な技術提供プログラムを発表

その中にWindowsのソースコードもあると。

Windowsのソースコードなどを無料で公開へ – GIGAZINE

現地時間21日午前8時30分(PST)にスティーブ・バルマーとレイ・オジーが発表したようです。

米Cnet news記事

大事なのはソースコードだけでなく、関連ドキュメントも公開されること、これらの情報を元に非商用のソフトウェア開発が行えること、商用ソフトウェアについてはパテントのライセンスをすること、そして本当に大事なのは(そして一番大きな変化が)プレスリリースにある以下の点です。

Microsoft is providing a covenant not to sue open source developers for development or non-commercial distribution of implementations of these protocols. (マイクロソフトは、これらのプロトコルの実装の開発か非営利的な分配でオープンソース開発者を訴えないように契約を提供しています@Exite翻訳)

そのほか、Office 2007に対して3rdパーティーが独自フォーマットでの入出力ドライバを作れるようにするためのAPI開発であるとか、オープンソースコミュニティへの支援(※今までinetaやカラムニスで提供されてきたものと同じようなこと)などがプレスリリースで発表されています。

Press Release :
Microsoft Makes Strategic Changes in Technology and Business Practices to Expand Interoperability: New interoperability principles and actions will increase

コメントを残す