Microsoft "Oslo" – May 2009 CTP

そゆもの。元ネタはPaul VickのTwitter

Download details: Microsoft "Oslo" – May 2009 CTP

CTPの新しい点としては

  • Quadrantがモデルの参照編集元としてレポジトリを参照するようになったよ。
  • ユースケース、アクティビティ図、クラス図、シーケンス図、コンポーネント図を含むUML 2.1仕様のためのドメインモデル
  • 2.1の仕様をサポートするXMIインポータ
  • System.Runtimeむけドメインモデルとローダ

てな感じらしいです。

何このOMG臭www

ある意味MSのUML回帰みたいな感じですね。VS10もそんな感じだし。

コメントを残す