Microsoft Silverlight 5

日本の深夜過ぎから、向こうでカンファレンスが始まっていますが、Keynoteで大方の予想通りSilverlight 5の発表があったようです。

びっくりな新機能はなく、既存機能の強化のようです。

The Future of Microsoft Silverlight | Microsoft Silverlight

さてビジネス向け機能の強化となっているところで、最初がテクスト表示の改善、次がPostScript表示のサポートです。これらはAdobe Readerの機能に直結しているので、はじめはなんてAdobeに甘いんだろう!と思ったのですが、これはそれもあるかもしれないけど、何となくMSがSilverlightでブックリーダー市場に乗り込むための布石なんだと思いました。ですので、少なくともSilverlight 5のこの部分については近いうちにWindows Phone 7にも搭載されることになるでしょう。まぁiPhone G4見て、何かを考え直しただけかもしれませんけどね。

その他、x64ランタイムがやっと提供される様なので、サイドバーガジェット作成をする人たちも一安心ですかね。

メディア関連新機能

  • H.264再生時のハードウェア支援
  • トリックプレイ。倍速で再生できる。
  • パワーセーブ関連のイベントがとれる様になるので、メディア再生に関してもう少し柔軟にコードが書ける。
  • メディア再生のリモコンサポート(詳細はよくわからない)
  • DRMデータソースをシームレスにスイッチできる

ビジネス向け新機能

  • テクスト表示の改善
  • PostScript表示のサポート
  • コンボボックスでのダブルクリックサポート
  • WCFでWS-Trustのサポート他
  • パフォーマンスの改善、x64のサポート
  • グラフィックでのGPIサポートの強化、3D.
  • Windows デスクトップ環境向けのクラスライブラリ強化
  • アウトオブブラウザの強化

コメントを残す