Windows 8 でのデスクトップアプリケーション

CES: Will ‘Jupiter’ be key to Microsoft’s Windows 8 app store’s future?

More on Microsoft ‘Jupiter’ and what it means for Windows 8

“Jupiter”。とうとう地上ではコードネームがとれなくなったか。

まとめるとこんな感じでしょうか。

  • JupiterというUIレイヤーがWindows OSに追加される。それはXAMLベースの技術ででSilverlghtの将来バージョンがベースになるかも。
  • アプリケーションの配布はオンラインのAppStoreがベースになる。
  • 従来のC#, VB, C++で開発されたアプリケーションもパッケージングのためのフレームワークが用意されて、AppStoreから配布可能になるし、Win8の機能を使用できる。

開発という点では、かわんないっすよなにも、という点もありますが、.NET Fxそのものではない「何か」が増えるのか、.NET Fxが進化するのかは注目したいところです。

また、マーケットプレイス経由でのアプリケーション配布も順当と行ったところでしょうか。

まぁ、Windows 8についてはWindows Phoneのようなメトロを取り入れるとか、いろいろ噂もあるみたいですが、Vistaの時だってさんざんいろいろあって、結局入らないみたいなこともあったので、何があるかはわかりません。

コメントを残す