Windows Server 2008 セットアップがうまくいかない2(インストールに成功した)

OPC Diary: Windows Server 2008 セットアップがうまくいかない

これの続きです。

マザーボードを新規にASUS P5Qに交換し、無事インストール終了。とりあえず問題なしとなりました。

結局のところマザー故障の可能性が高いのですが、いくつか気づいたところを。

  • ICH10RのRAID1がなぜかやはりうまくいかない。(私のやり方が何か行けなかった可能性もあり)
  • SATAでAHCIを使用する場合には必ずIntelのICH10RようAHCIドライバをWindowsインストール時に使用する。逆にBIOSでIDEモードにしておけばいいかというとそういうわけでもないようだ。

先の記事でコメントをいただきました電源はENERMAXMODU82+ 425Wという製品です。電源はあんまり安すぎるのはいらぬトラブルを抱えるのでそれなりにお金はかけた方がいいですね。(これよりもっといいのもあるけどまぁ予算と相談です。)

以上自作機にWindows Server 2008をインストールしたという記事もあまり見かけないので、参考になればと。。

4 thoughts on “Windows Server 2008 セットアップがうまくいかない2(インストールに成功した)”

  1. 私のICH9RではWindows Server 2008のドライバでよかったような。そのあとIntelのRAIDユーティリティなどは入れましたけれど。
    ちなみに私もENERMAXのMODU82+ 525W使ってます。この辺で結構いいんじゃないでしょうか。P5K-Eではふつーだったけど、P5E-VMでどはまりしてASUSやめとけばよかったかなぁとか思ってたりしてます…。

  2. まぁだからといって他のマザーボードメーカもというのもあるんで困っちゃうんですよね。Intelのマザーボードも決して良いわけではないですし。。
    RICHOのOEM用マザーボードとか住友金属マイクロデバイスのOEM用マザーボードとか出てきてくれないですかねw

  3. Server2008、VistaになるとAHCI/RAIDのドライバは標準でサポートされますね。

  4. その標準ドライバだと、なぜか最初のWindows update後に起動時のプログレスバー画面直後にBSODになり飛ぶという事態に。。このタイミングはどう見てもディスクドライバかNTFSドライバです。ありがとうございました。みたいな。
    そんな子でもはじめからIntelのAHCIドライバなら大丈夫という、全くよくわかりませんよ。
    まぁ今安定しているので良いんですけど。

コメントを残す