バックミラー 2019-04-01 #f1 #Cal8H

RVM的何か。

Intercontinental GT Challenge 2019 California 8hrs

Laguna Secaで開催された、カリフォルニア8時間はHonda NSXのポールで始まるも、最終的には#27 HubAuto CoraのFerrari 488 GT3が優勝、#999 GroupM AMG GT-R GT3がここでも強さを見せ2位。3位は#911 Park Place Motorsport Porsche 911 GT3が3位に入りました。日本勢は車の速さと言うよりも、8時間満足に走り続けさせるためのチーム力やそもそもの車の耐久力を付ける必要があるように思います。まぁFerrariのAC CorseやAMG、Porscheのメーカースタッフがすごすぎるというのがありますが、早くそこに追いつかないと、GTのビジネスの方も上手くいかなくなります。

リザルト(PDF)

Ferrari and HubAuto Corsa claim California 8 Hours victory | Intercontinental GT Challenge | Powered by Pirell

WRC Rd.4 ツール・ド・コルス

コルシカ島を舞台に開催されたWRC第4戦は、ヒュンダイのヌービルが今季初優勝、2位はシトロエンのオジェ、3位はフォード M Sportsのエバンスが入り、トヨタが初めてポディウムを逃しました。

【順位結果】2019WRC第4戦ツール・ド・コルス SS12後暫定結果

WRC第4戦:ヒュンダイが最終ステージで逆転し2019年初優勝。トヨタは今季初めて表彰台に届かず

F1 2019 Rd.2 Bahrain Grand Prix

バーレーンで行われた第2戦は、ポールだったフェラーリのルクレールが、スタートの蹴り出しに失敗して順位を一時落とすも、トップを回復し、その後素晴らしい走りで2位メルセデスのハミルトンに8秒差を付け、このまま優勝かと思われましたが、終盤もう残り10周というところエンジントラブルでパワーが出せず、後退、ハミルトン、ボッタスに抜かれ、3位に落ち、残り3周、もう少しで4位レッドブル フェルスタッペンに抜かれそうになったところで、ルノー2台がそろってマシントラブルで車を止めたところで、セイフティーカーが入り、そのままチェッカーとなりました。これによりルクレールは何とかポディウムを確保できましたが、素晴らしく良い走りだっただけに非常に悔いが残る終わり方となりました。

ただ、ルクレールが良い走りを見せ、6位にマクラーレンのノリス、9位にトロロッソのアルボンが入り、そrそろ世代交代の時期が来たかなという感じです。

レッドブルは、フェルスタッペンが4位、ガスリーが8位となっています。どうしたガスリー。

F1バーレーンGP決勝:残り10周の悲劇……ルクレール、トラブルで初優勝逃す。優勝はハミルトン、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは4位|motorsport.com日本版

コメントを残す