バックミラー 2019-07-07 #FOS

Goodwood Festival of Speed 2019

今年もGoodwood邸でFOS, Festival of Speedが開催されました。世界的なイベントになっており、世界中の高級車メーカーがこの会場でプロトタイプや新車あの公開を行うほか、古今東西の名車が実施兄観客の目の前で運転を披露される、ヒルクライムがイベント目玉の一つです。また、今年から、ジムカーナのイベント会場、Arenaが設営されました。

今年一番の話題はなんと言っても、EVプロトタイプカーのVolkswagen ID.Rが、ヒルクライムで久々に新記録を作っただけでなく、39.9と言う、今までの記録を大幅に塗り替える新記録を作りました。

サー・ジャッキー・スチュワートが親子で往年の自分の車で運転を披露したり、

今年はセバスチャン・オコンがM-B F1 W08 EQ Power+を披露し、

カルロス・サインツがマクラーレンのCan-Amプロトタイプカーを披露し、

ソルベルグ親子(WRCチャンピオンのピーターと、ケンブロックのジムカーナ・テンにも出演した息子のオリバー)がヒルクライムのタイムを競ったりしました。

佐藤琢磨による、マクラーレンMP4/4のデモラン。

初お披露目となった物には以下のようなものがあります。

2019 Porsche 911 RSR GTE

Porsche Taycan

De Tomaso P72

McLaren new GT

Honda e

Ferrari Monza SP2

Land Rover Defender prototype

Zenvo TSR-S リアスポイラーがとにかくキモイ。

Forza Horizon 4がスポンサーとなった、ジムカーナエリアでは、みんな大好き谷口信輝選手が新型スープラのドリフトチューン(By HKS)で見事なドリテクを披露しました。

こちらは、タイヤスモークは派手に上がっているのに、タイヤのスニーキー音しかしない、不思議なフルEVのドリフトカー。

1日目のドリ大会。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください