Category Archives: Car Life

2018年スーパーGT第1戦岡山のエントリー発表

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは3月26日、岡山国際サーキットで4月7~8日に開催する2018年シーズン第1戦のエントリーリストを発表した。 岡山と富士スピードウェイで行われた2度の公式テストを経て、ついに2018年シーズンが開幕するスーパーGT。第1戦には両クラス合計で44台が名を連ねた。 レクサス、ホンダ、ニッサンがしのぎを削っているスーパーGT500クラスには15台がエントリー。ドライバーラインアップやエントリー車両名などは各陣営から発表されている体制から変更はない。 2017年はレクサスLC500が圧倒的な強さを誇ったGT500クラスだが、これまでのテストなどではホンダNSX-GT、ニッサンGT-Rも速さを増しており、3車のパフォーマンスは拮抗。今シーズンは昨年よりもさらに激しいバトルが繰り広げられそうだ。 スーパーGT開幕直前の岡山テストに参加したRAYBRIG NSX-GTのジェンソン・バトン ドライバー面では、今年からスーパーGT本格デビューを果たす小林可夢偉とジェンソン・バトン、”ルーキードライバー”のフェリックス・ローゼンクビストが、並み居る強豪やスーパーGT特有の混走レースをどう攻略していくのかが注目どころだろう。 FIA-GT3とJAF-GT、マザーシャシーが参戦するGT300クラスは29台がエントリー。これまでのテストからは3台がエントリー車両名を変更している。 若手ドライバーの坂口夏月と平木湧也を起用するTEAM MACHの5号車は先日発表されたとおり、マッハ車検 MC86 Y’s distractionとしてエントリーしているほか、加納政樹と安岡秀徒擁するArnage RacingはEXE AMG GT3として参戦する。 そのほか、これまでテストではTBNとされていたJLOCの87号車はリーガルフロンティア ランボルギーニ GT3としてエントリーしている。 Hoppy 86 MC 3月17~18日に行われた岡山公式テストでは、HOPPY 86 MCが一歩抜きん出ていた感のあるGT300クラス。新車の納入が遅れていたGOODSMILE RACING with Team UKYOなどのメルセデスユーザーを含めたGT3勢やTOYOTA PRIUS apr GTなどのJAF-GT、HOPPY

情報源: ジェンソン・バトン、小林可夢偉が本格デビュー。2018年スーパーGT第1戦岡山のエントリー発表

今年のエントリーが正式に決まり発表となりました。

GT500には小林可夢偉とジェイソン バトンの参戦がこれで決定です。ホンダのNSXは鈴鹿での優勝はあったものの昨年は苦しいシーズンでしたが、今年は車も良くなったようなのでどこまで伸びるのか楽しみです。また、昨年レギュレーションによる重量増加、燃料リストラクター追加で苦しめられたMOTUL GT-Rですが、今年は車も良くなっているようなので、こちらの活躍も期待で、昨年のようにレクサス勢が逃げ切れるのか注目です。

GT300は今年もAMG GT-Rが一つ抜けていくのか、今年から参戦するNSX GT3やトヨタRC F GT3が活躍するのかも注目です。個人的にはWTCCから国内に戻ってきた道上龍選手の所属するModulo KENWOOD NSX GT3がどれくらい活躍されるのか注目しています。

Forza Week in Review 2018-03-23, Forza RC Pre-Season Invitational

情報源1: Forza Motorsport – Forza Week in Review 3-23-18

情報源2: Forza Motorsport – ForzaRC Pre-Season Invitational

今週の週報です。内容がForza Racing Championship Pre-Season Invitationalの話題だけだったので、情報源2のForza RC Pre-Season Invitationalの記事と合わせてお知らせします。

IMSA Forza RC Pre-Season Invitational(プレシーズン招待)が米太平洋時間午前10時(日本時間25日午前2時)よりシアトルのTurn 10に設けられた会場から、世界中から招待されたドライバーとチームによって行われます。このプレシーズン招待では世界最高のドライバーを紹介し、今後のForzaRC 2018シーズンに向けたドライバーの初期見通しをファンに提供します。

プレシーズン招待の模様はMixerストリームのhttp://watch.forzarc.com/で視聴する事ができます。

プレシーズンのライブストリームではIMSA RadioのブロードキャスターJohn Hindhaughが参加します。その他IMSAのドライバー、デビッド・コルクマンがチャットに参加し、#73 Park Place Motorsports Porsche GT3 R GTDを見る事もできます。

Continue reading Forza Week in Review 2018-03-23, Forza RC Pre-Season Invitational

ABB Formula E 2018 CBMM Niobium Punta del Este E-Prix

ウルグアイのリゾート地プンタ・デル・エステで行われた第6戦は、予選後ルール違反でまた大きくグリッドが変わることになりました。スーパーポール上位4名が違反でグリッドを下げ、予選のスーパーポールで勝負を投げたベルニュがポールポジションという事になりました。

マヒンドラのハイドフェルドはレース開始早々にパワーダウンしリタイア、その排除でペースカーが入る展開に。ブエミは途中壁にヒットし、予定外の乗換となり2台目で残り25周を走る事になり、最終的にリタイアとなりました。ピケJr.も予定外の乗換となり最終的に25周目でリタイア。ブエミも同様の理由で29周目でリタイア。アブトは一時3位でしたが、乗換時にシートベルトガチャンと閉められておらず、予定外のピットインで14位までダウン。終盤はベルニュとディグラッシとの激しいバトルの間にバードが着々と差を詰め面白い展開に。

結果、ベルニュがポールトゥフィニッシュを決め1位、ディグラッシが2位、バードが10位グリッドから追い上げ3位という結果になりました。

レースリザルト

シーズンポジショニングはベルニュが1位をキープし、ポイント差を広げています。

ドライバースタンディング

チームスタンディング

Laguna Seca RacetrackのタイトルスポンサーがマツダからWeatherTechに

情報源: WeatherTech is the likely new sponsor of Laguna Seca racetrack – Autoblog

Forza Motorsportなどにも収録されていて、有名な下り坂で有名なLaguna Seca Racetrackですが、マツダのスポンサーシップが3/31に終了し、新しいスポンサーとしてIMSAのタイトルスポンサーでもあるWeatherTechが新しいスポンサーになり、 WeatherTech Raceway at Laguna Secaと言うめんどくさいに名前に変更になるようです。

WeatherTechが支払うスポンサー料はマツダの2/3程ですが、マツダが持っていたラグナセカの優先使用権はWeatherTechは持っていないようで、記事ではこれに興味を持つ別の自動車メーカーがスポンサーに対して興味を持つのではとしています。

FIA Formula E Gen2 Carがジュネーブモーターショーでお披露目

という事で実際に動いているFormula E Gen2の映像が公開されました。このミニ四駆というかサイバーフォーミュラーと言うかと言う車で来シーズン以降のFormula Eの各チームがレースをすることになります。

最大出力は250kw(335hp)、レース中の最高出力は200kwで今シーズンより20kw大きくなります。(今シーズンの予選及びファンブースト使用時と同じ電力)

ミシュランパイロットスポーツタイヤは基本的に今までと同じ。見る限りドレッドパターンも今と同様市販のパイロットスポーツと同じものに見えます。

最高速度は280km/h、0-100km/hまでの加速が2.8秒と、ここは電気自動車ならではといった感じですね。車重は900kgと今よりさらに重くなっていますね。(バッテリー容量が違うので仕方の無いことですが)

また、来シーズンはこの車に搭載されたバッテリーだけでレース全体を走らなくてはなりません。(来シーズンからは今シーズンまでのような途中乗換無し)

公式ステートメント、Gen2の諸元については、以下のFormula Eのリリースをご確認ください。

Next generation Formula E Car breaks cover in Geneva – Formula E

日産自動車、フォーミュラEマシンのカラーリングコンセプトを公開

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は6日、ジュネーブモーターショーにおいて、ABB FIAフォーミュラE選手権に参戦するレースマシンのカラーリングコンセプトを初公開しました。同社は、昨年の東京モーターショーで、2018年12月に開始する予定のシーズン5より、フォーミュラE選手権に参戦すると発表しています。

情報源: 日産自動車、フォーミュラEマシンのカラーリングコンセプトを公開 – 日産自動車ニュースルーム

来シーズンの2018-19シーズンよりルノーに代わりFormula Eに参戦する日産のカラーリングが公開されました。初め、わっ白っって思いましたが、横から見るとああいつものNISMOカラーだと安心しました。イメージ的にはやはりLeaf NISMOな感じがしますね。

ABB Formula E 2018 Mexico City E-Prix

決勝:

優勝はアブト。壊れなければAUDI, アブトが早いという事を証明した感じですね。2位はターベイ、3位にブエミが入りこちらもやっと調子が戻ってきた感じ。

決勝前はローゼンクエストの優勝を疑わなかったのですが、マシントラブルでリタイアとなり、マヒンドラは2台ともマシントラブルでリタイアとなってしまいました。Formula Eはワンメイクなので本当にマシンの信頼性が大事になります。

そんな中でもピケJrが4位に入り今回も確実にポイントを取ってきていて、シーズンチャンピオンシップも面白くなってきました。

Mexico City E-Prix リザルト

ドライバーランキング

チームランキング

Johniwanna HMA やめるってよ #Forza7 #ForzaHorizon3

Johniwannaさんの投稿 2018年2月20日(火)

毎週Johniwannaが書いているRVMとHMAを楽しみにしていましたが、turn 10がテキストコンテンツではなくVideoでのコミュニケーションを重視する方針の転換に伴い、HMAやRVMが今後なくなるようです。HMA, RVMはJohniwannaの個人的な資質のあってturn 10がポリフォニースタジオと違ってただのゲームスタジオではない、自動車、特にそれに楽しみととして乗る人たちへの高いリスペクトを感じさせていただけに、個人的には非常に残念です。

ただ、今後Johniwannaが個人的に johniwanna.com を立ち上げるとのことで、どんなサイトになるのか楽しみです。また、turn 10がビデオでのコミュニティへのコミュニケーションを通して何をやってくるのか注目していきたいと思います。

WEC 2018-19 Super Seasonの予定と参加チームを発表

情報源: WEC Announces 2018-19 Super Season Calendar and Teams

WEC 2018-19スーパーシーズンのスケジュールと参加チームが確定しました。

スケジュール

  • Round 0 – April 6/7 2018 – Prologue, Circuit Paul Ricard
  • Round 1 – May 5 2018 – Total 6 Hours of Spa Francorchamps
  • Round 2 – June 16/17 2018 – 24 Hours of Le Mans
  • Round 3 – August 19 2018 – 6 Hours of Silverstone
  • Round 4 – October 14 2018 – 6 Hours of Fuji
  • Round 5 – November 18 2018 – 6 Hours of Shanghai
  • Round 6 – March 16/17 2019 – 1500 Miles of Sebring
  • Round 7 – May 4 2019 – Total 6 Hours of Spa Francorchamps
  • Round 8 – June 15/16 2019 – 24 Hours of Le Mans

Round 4の富士はF-1の開催日程とずらされ、アロンソが富士で走る可能性が高くなりました。

Continue reading WEC 2018-19 Super Seasonの予定と参加チームを発表

World Rallycross Championship は2020年より電気自動車も参戦

However, internal combustion engines won’t be ditched completely.

情報源: World Rallycross Championship reportedly getting electric race cars – Autoblog

内燃機関がなくなるという事ではなく、EVを15台参戦させ、その為9社と交渉中とのこと。記事中からは、混合クラスで競い合うのか、EV専用のクラスで競うのかはわかりません。また、基本プライベーター向けで、サスペンションとブレーキシステムを含むシャーシが供給され、それに独自のパワーユニットとボディを組み合わせる形になるようです。

プジョーとアウディがEVでのラリークロス参加に強い関心を示しており、ラリークロスという競技自体を残していくためにもEV参戦は時代の流れというところでしょうか。