Category Archives: Car Life

トヨタ、『GRスーパースポーツ・コンセプト』をル・マンでお披露目。20年規定への対応も含み

 トヨタは6月15日、ル・マン24時間が開催されているサルト・サーキットのビレッジで、2018年1月の東京オートサロンで公開した『GRスーパースポーツ・コンセプト』をヨーロッパで初公開した。 GRスーパースポーツ・コンセプトは、ル・マン24時間を中心としたWEC世界耐久選手権への参戦を通じて得られた技術や知見をもとに、新たな市販車に繋げるべく開発されたコンセプトカー。TS050ハイブリッドとほぼ同じパーツで構成され、究極のパワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカーを目指している。 この車両は1月の東京オートサロン2018で初公開されたが、TS050ハイブリッドの戦いの地であるル・マン24時間でヨーロッパで初めてお披露目された。アンベイルイベントには、TOYOTA GAZOO Racingの6人のドライバーをはじめ村田久武WECチーム代表、さらにACOフランス西部自動車クラブのピエール・フィヨン会長をはじめとした主催者側も訪れ、GAZOO Racing Company友山茂樹プレジデントによるアンベイルに拍手を送った。 ドライバーたちも「美しいクルマ」と口をそろえたGRスーパースポーツ・コンセプトは、オートサロンの状態から変更はないものの、気になるのは2時間ほど前にACOのプレスカンファレンスで提示された2020年からのトップカテゴリー車両のレギュレーションに、このGRスーパースポーツ・コンセプトが対応するのではないかという部分だ。 村田チーム代表は、「このセクシーなクルマが出場できればいいですが」と目の前に座るフィヨン会長に”確認”をとると、会場からはざわめきも。また、友山プレジデントは「”ハイパーカー”というコンセプトが発表されましたが、このGRスーパースポーツ・コンセプトと重なる部分は大きいですね」と語っている。 「トヨタの、TOYOTA GAZOO Racingのトップとなる車両を発表し、鍛えるには、ル・マンというのは最も適した場所だと思います」と友山プレジデント。

情報源: トヨタ、『GRスーパースポーツ・コンセプト』をル・マンでお披露目。20年規定への対応も含み

寿一がつい口を滑らしたヤツ。

ACO WEC/Lemansの新レギュレーション発表。2024年から水素を利用した燃料電池を利用可能に

 6月13日~17日(現地時間)、フランス ル・マン市のサルト・サーキットで「第86回 ル・マン24時間レース」が行なわれている。ル・マン24時間レースを主催するACO(Automobile Club de l’Ouest、フランス西部自動車クラブ)は6月15日に記者会見を開催し、2020年にACOが導入する新車両規定の一部として、2024年から水素を利用した燃料電池をハイブリッドシステムの一部として導入可能にすると明らかにした。

情報源: 【ル・マン24時間 2018】新レギュレーション発表。2024年から水素を利用した燃料電池を利用可能に – Car Watch

前のFIAでの「ハイパーカーコンセプト」の発布内容に加え、2024年より水素を利用したFECを利用可能にしたいと。そこまでしてなんかトヨタを逃がしたくないのかと。とは言ってもFEC自体はトヨタだけでなく、ホンダ、BMWなんかも開発を続けている分野なので、F1が技術開発の場としての役割をどんどん後退させていく中、WECがその役割を更にになっていく感じになっていくのでしょうか。

Le Mans eSports Series の開催とそこでのForza Motorsportの採用 #Forza7

情報源: Le Mans eSports Series

情報源: 【ル・マン24時間 2018】ACO、WEC、Motorsport Networkがeスポーツシリーズ立ち上げをル・マン24時間で発表。コンソール版「Forza Motorsport」使用 – Car Watch

Lemans 24hを主催するACO(Automobile Club de l’Ouest、フランス西部自動車クラブ)は、WECと併催する形でeSportsのリーグを立ち上げることにしたようです。詳細は8月のシルバーストーンで発表され、10/12~14の富士から開幕し、2019年開催のルマンでグランドファイナルとなる予定のようです。

使用されるのは、コンソール版のForza Motorsport。アロンソが運営するeSport TeamのFA Racingも参加するようです。

という事で、詳細はこれからながら、Forzaを使う大きなeSportのシリーズが誕生することになりそうです。Forza FANとしては現行のLMP-1/2やGTEのクルマの追加に期待したいですね。

脇坂寿一さん、トヨタGR TS050が市販されると口を滑らしてしまう

まぁ、みんな知ってるけどな。

しかしこれで次シーズン以降の”Hypercar”ベースのLMP-1にもトヨタが参戦できると。

映像はルマンが終わるまでの期間限定なので、見たい方はお早めに。

バックミラー 2018-06-11

Rear View Mirror的な何か。

Indycar Texas 600

ここでシーズンは折り返し。今レース事故が多く、現在ポイントリーダーのウイル・パワーを始め多くがクラッシュリタイアとなってしまいました。

優勝は、スコットディクソン、通算34勝、ポイントランクも1位に。2位にトップ5までで唯一のシボレーとなったシモン・パジェノ、3位はアレクサンダー・ロッシ、これでポイントランク2位となりました。佐藤琢磨はポジションを上げ7位となりました。リタイアしたウイルパワーはポイントランキングを3位に落としました。

終了時タイミング:

F1カナダグランプリ

F1カナダGP決勝:ベッテル完勝でランキング首位に。ハートレーは1周目でリタイア – autsport

ハートレイとストロールが1周目でクラッシュリタイアとなる波乱のスタート。

アロンソは42周目にターボを失いリタイア、レースは結果的に予選からの上位陣の順序に変動無く、ヴェッテルが後続を7秒引き離しての快走。2位ボッタス、3位フェルスタッペン、4位リカルド、5位ハミルトン、6位ライコネン、11位ガスリーという結果に。

やはりここでもメルセデスはハイパーソフトのタイヤを使いこなせていない感じですね。

これでチャンピオンシップの首位が入れ替わり、ヴェッテルがポイントリーダーとなりました。

【順位結果】F1第7戦カナダGP決勝 – autsport

ABB Formula E 2018 Julius Baer Zurich E-Prix #ABBFormulaE #ZurichEPrix

第10戦。本戦含めてシーズンは残り3戦となりました。

先にお伝えしたとおり、スイスで64年ぶりに開催された自動車レースとなりました。サーキットはチューリッヒの有名な保険会社の本社が建ち並ぶチューリッヒ湖 湖畔のエンゲ地区に設営されました。コース中にトラムの線路はあるは、ピットは石畳で30km/h規制となるわで、これがFormula Eだって言う感じのサーキットです。

予選

今回はシーズンポイント順にグルーピング。トップグループはタイムが伸び悩む感じに。やはり1グループ目はふりなんでしょうか。ベルニュがインタビューでだいぶ腐ってました。2グループはミッチ・エヴァンスが1:12.594で1位に、2位にロッテラーが入り、地元ブエミここで全体5位。ベルニュは2グループ目終了時点でスーパーポールの権利を失ってしまいました。最終グループでダンブロージオが2位にはいり、この時点でDRAGONレーシングが予選1位、2位となりました。大判震わせな予選結果。現在チャンピオンシップポイントリーダーのベルニュは17位からのスタートと厳しいスタートに。
スーパーポールは、エヴァンス、ダンブロージオ、ロペス、ロッテラー、バードで行われ、1位エヴァンス、2位ロッテラ、バード、ダンブロジオ、ロペスの順となりました。

予選終了直後の順位:

ロペス、リンは違反があり、それぞれ3グリッド後退となりました。

決勝

決勝は、39周のレースです。

1周目でアブトのクルマのリアウイングがピケJr.の車との接触ですっ飛びましたが、何事もないように走って行くという、このクルマ本当にリアウイング関係ないですね。ただ、結局ピケJr.とアブトにはオレンジディスクが出ました。

乗換後フルコースイエロー中の違反行為で首位のディグラッシを除く上位陣がドライブスルーペナルティで順位が大幅に変更があり、最終的な順位は1位ディグラッシ、2位バード、3位ダンブロジオ、4位ロッテラ、ヴェルニュは10位で1ポイントを取りました。

これでチャンピオンシップ的にもヴェルニュとバードとのポイント差も23点差に縮まり、残りのニューヨーク、昨年バードが2レース勝って得意としているので、この残り2レース面白くなってきました。

しかし、アウディ本当にマシンが速いな。

決勝ゴール直後の結果:

レースリザルト

ドライバースタンディング

チームスタンディング

ABB Formula Eがレースゲーを発表

情報源: 実際にレースを戦うドライバーとリアルタイムにバトル。フォーミュラEが新たなアプリ発表

ABB Formula Eが公式のレースゲーをスマートフォン、タブレット、PC向けに公開するようです。基本無料になるようで、プラットフォームからわかるようにガチなシミュレーションと言うより、もう少し気楽なアーケード的なゲームになるようです。まぁ、ガチな方はForza Motorsportの次バージョンか、今のForza7のカーパックでGen2の車が追加されれば個人的に問題はありませんw

登録 http://info.fiaformulae.com/ghostracing/

フェリッペ・マッサ、来シーズンよりABB Formula Eに参戦

https://twitter.com/VenturiGP/status/1005476884195495937

元F1ドライバーのフェリッペ・マッサがFormula Eで現役に復帰することになりました。ベンチュリと契約、来シーズンから参戦します。

FELIPE MASSA SET TO DRIVE FOR THE VENTURI FORMULA E TEAM NEXT SEASON | Venturi Automobiles

ABB Formula E 2018-2019 Season 5 スケジュール

シーズン5はサウジアラビアから。まだTBDとなっているところがありますが、全13戦で行われる予定。モナコが復活し、来シーズンもチューリッヒで行われるようですね。シーズン5では無さそうな物の、シーズン6では横浜みなとみらい地区での開催の噂もあり、早く実現すると良いですね。

フォーミュラE:2018/19年シーズンは12月に中東で開幕。決勝は時間レースに変貌

また、シーズン5では、従来からアナウンスされていたようにレース途中での乗換がなくなるほか、決勝レース中の最大出力は現状の予選や#FANBOOSTと同じ200kwに引き上げられ、予選などで使用されるハイパワーモードは225kwに引き上げられます。このハイパワーモードは、使用回数に制限が設けられるものの、レース中に「アクティベーション・ゾーン」を通過している際に各ドライバーが使用できるように変更され、#FANBOOSTはこのハイパワーモード時に、最大出力を250kwまで引き上げられる機能になるようです。また、ハイパワーモードや#FANBOOST使用時にはHALOに取り付けられたLEDが点滅するようです。(Super FormulaのオーバーテイクモードのLEDみたいなもんですな)

また、決勝レースのレギュレーションも変更され、周回数となっていたゲームが45分+1周の時間レースと変更になります。また、これまでファーステストラップを記録した選手に贈られてきたポイントは、最も省エネで走ったドライバーが獲得することとなりました。この省エネポイントものすごくローゼンクヴィストが取っていきそうw