Category Archives: Car Life

NASCAR 売りに出される?

The majority owners of NASCAR, the company which operates the namesake U.S. car-racing series and other motorsport events, are exploring options including the sale of their entire stake, people familiar with the matter said on Monday.

情報源: NASCAR majority owners exploring possible sale – Autoblog

現在NASCAR運営元企業の株式の大半を所有している「フランスの家族」がゴールドマンサックスを幹事に売り先を探している模様。

そもそもアメリカ人がオーナーじゃないんだという驚き。

FIA WEC 2018 Total 6 Hours of Spa-Francorchamps

 2018/19年WEC世界耐久選手権開幕戦の決勝レースが5月5日、ベルギーのスパ・フランコルシャンで行われ、6時間レースをTOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組)が制した。僚友7号車トヨタTS050ハイブリッドが総合2位を獲得。総合3位にはレベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・AERが入っている。 スタートからトップ快走する8号車トヨタとは対照的に、全車から1周遅れのピットレーンスタートとなった7号車トヨタ。 苦しい立ち上がりとなった7号車トヨタだったが、スタート直後と1時間後のフォードGTのクラッシュによって導入された2回のセーフティカーランの助けも借りながらレース開始から1時間40分後にトップと同一周回に復帰。レース折り返し直前には、小林可夢偉の3スティント連続走行などの奮闘もあり、レベリオン・レーシングらのLMP1プライベーター勢を攻略して総合2番手に浮上する。 その後、ブエミ、アロンソ、一貴とバトンをつなぎながら首位を走る8号車トヨタにイレギュラーのピットストップや一貴の単独スピンなど、小規模のタイムロスがあったものの、2台のトヨタTS050ハイブリッドは55~60秒のギャップを維持しながら約2時間に渡って走行を重ねていく。 しかし、チェッカーまで残り1時間を迎えようかというタイミングで、直前まで3号車レベリオンR13・ギブソンと総合3番手を争っていたSMPレーシング、17号車BRエンジニアリングBR1・AERのマテボス・イサキャーンがオー・ルージュの出口付近でクラッシュ。この日3回目のSCが入る。 これによりトップを走る8号車トヨタと2番手につける7号車トヨタの差は事実上消滅。チェッカーまで残り約45分でレースがリスタートされると8号車トヨタを駆る”ルーキー”アロンソの背後に7号車トヨタのコンウェイがピタリとつける形に。 しかし、トヨタは2台を争わせることはさせず。両車はマージンを保ったままファイナルラップを迎え、トヨタが2年に渡るロングシーズンのオープニングレースでワン・ツー・フィニッシュを飾った。8号車トヨタは昨年の富士ラウンドから4連勝。アロンソにとってはWEC参戦初戦での初優勝となった。

情報源: WEC:トヨタ、ル・マン前哨戦で1-2フィニッシュ。アロンソがデビューウイン飾る

記事にあるようにLMP1クラス、総合優勝はトヨタ8号車、2位がトヨタ7号車という結果に。アロンソは2913年以来の世界選手権での優勝。3位に入ったレベリオン1号車は、レース後の車検で失格となってしまいました。

レース的には今年もLMP1よりLMP2, GTE Proの方がちゃんとレースになっていて楽しい感じです。LMP1はトヨタ、レベリオン以外は、不幸な事故があったのもありますが、それを含めて車ができなさすぎですし、そもそも資金面で開幕戦から参加出来ないなど問題外ですね。ただ、今回トヨタが勝ちすぎたので、BOP(EOT?)がルマンでは再度入るのが確実で、もう少し面白いレースになるのではないかと思います。

2018 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km

予選

午前中に予定されていたフリー走行が濃霧で午後に繰り延べとなったことにより、予選方式が変更となり、GT300, GT500それぞれ1セッション20分でスターティンググリッドが決まる事になりました。

各チーム、予選が1セッションとなり、今回長い500kmでも有る事から、タイヤを温存して、1セット、1アタックでタイムを狙うチーム、2セットのタイヤを使って2アタックを狙うチームなど各チームの戦略が分かれていて、短いながらも面白い予選でしたが、結果は以下のようになりました。

GT300はARTA BMW M6 GT3が1位、JAF GTが不利と言われている中、SUBARU BRZが2位、LEON CVSTOS AMGが3位という結果になりました。

GT500は岡山で調子の良かったNSX勢が沈み、逆にLexus勢が調子を上げてきました。ZENT CERUMO LC500が1位、WAKO’S 4CR LC500が2位、MOTUL AUTECH GT-Rが3位という結果、HONDA NSXはMOTUL MUGEN NSX-GTの6位が最高位となっています。

GT 500予選結果

GT 300予選結果

Continue reading 2018 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km

ABB Formula E 2018 Qatar Airways Paris E-Prix

2018 Qatar Airways Paris E-Prixはパリの[ど真ん中](2018 Qatar Airways Paris E-Prix)で行われました。

まず、プラクティスでは、ジャグァ2台とも大きくクラッシュしてしまい、ピケJr.は結局予選を走る事ができませんでした。その他にもローゼンクヴィストがクラッシュするなど、コースが多くのドライバを苦しめました。

予選もアンジュレーションの強いコースにマシンがセットアップしきれず、各ドライバー苦しめられた感じでした。そんな中で地元のヴェルニューがうまくまとめ、グループ予選では1位、ダ コスタが2位、エンゲルが3位、バードが4位、ロッテラが5位に入り、以上がスーパーポールに進みました。

スーパーポールでもベルニューが異次元みたいな走りを見せて2位に.3秒の差を付け、1:01.144で1位、2位がバード、3位がロッテラー、4位エンゲル、5位がダ・コスタとなりました。ルノーのサテライトチームのはずのテチータが本家よりも良いタイムを出して1位、3位と今回も順調な滑り出しとなりました。

決勝はベルニュがポールトゥーフィニッシュ、素晴らしいレースでした。今季2勝目、通算3勝目でしたドラマは最終周に。2位を走っていたロッテラーがバッテリーがなくスローダウンし、そこをディグラッシが躱し2位に、そのロッテラに4位を走行をしていたバードが接触しましたが、前輪左をクラッシュしたままフィニッシュラインを超え3位に。ロッテラは結局6位となりました。ロッテラが物議を醸した感じです。マヒンドラ勢は今回振るわない感じでした。

レースリザルト

ドライバースタンディング

チームスタンディング

フォルクスワーゲンがEVでパイクスピークヒルクライムに挑戦する為のThe I.D. Rの実車をお披露目

Back in March, Volkswagen teased us with some images of its newest racer. Now it’s revealed all, with some juicy numbers too. For a start, the racer uses a pair…

情報源: Volkswagen Takes the Cover off Its Pikes Peak Entry: The I.D. R

ということで、今までCGらしきものだけだったThe I.D. Rの実車がお披露目となりました。リアウイングの大きさがパイクスピーク感を出していますな。

出力は最大500kw(670hp)、トルクが479lbft、0-100km/hが2.25秒とのこと。実際のところ高度が上がる毎に酸素濃度が下がるため、過給器を大きくしても出力が目減りしてしまうレシプロエンジンに比べ、EVでは一切そういう事がありません。そういう点でも今後VWや他のメーカー本気でEVで挑戦してくると、大きく記録を塗り替える日が来るかもしれませんね。現状EVで最速のタイムは2016年にe0 PP 100が記録した8分57秒118が最高記録です。

FCC TSR ホンダフランスがFIM世界耐久第2戦ルマン24時間で総合優勝

FCC TSR become the first Japanese team to win the Le Mans 24-Hour

情報源: 2018 Le Mans 24-Hour: FCC TSR take maiden victory – Bikesport News

24日に行われた2輪の耐久戦シリーズである、FIM世界耐久の第2戦ルマン24時間でFCC TSR ホンダフランスが総合優勝し、日本車のチームとして初めて優勝しました。またブリジストンにとっても初めての優勝となりました。タイムは24:01:04.008、843周でした。
2位も1Lap遅れで英国のホンダ耐久チームが獲得し、ホンダとしては1,2位を獲得した形になります。3位はBMWのWEPOL Racing by penz13.com、4位はカワサキのBolliger Team Switzerland、5位も同じくカワサキのTEAM SRC KAWASAKIとなりました。これでFCC TSR ホンダフランスがチームランキングとしても1位になりました。次戦はドイツのモートルシュポルト・アリーナ・オッシャースレーベンで7/19の開催、8時間耐久レースとなります。最終戦が鈴鹿8耐となります。

新しいPorsche 911 GT3 RSがニュルブルクリンク北コースを1周7分以下で走破

If there’s one constant in the automotive world, it’s a company’s desire to set a lap time at the Nurburgring. This is why we weren’t at all surprised when Porsche…

情報源: New Porsche 911 GT3 RS Breaks Under Seven Minutes Around the Ring

ポルシェの新しい911 GT3 RSがニュルブルクリンク北コースを1周6分56秒4で走破しました。これは公道を走行可能な市販車で世界第3位の記録になります。1位は昨年同じくポルシェ911 GT2 RSが記録した6分50秒です。2位のランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテより4秒ほど遅いタイムとなりました。またこれによりポルシェ918スパイダーが第4位になった事になります。日本車での最速は日産GT-R NISMOの記録した7分8秒となります。

ABB Formula E 2018 CBMM Niobium Rome E-Prix Presented By Mercedes EQ

決勝フル:

予選ハイライト:

第7戦はローマでの開催です。ローマでの開催は初開催となりました。ローマ市の市街地に設置されたコースは1周2.84km、21のコーナーからなります。

予選はロッテラー、ローゼンクヴィストという日本でなじみの深いドライバーが1位、2位デスーパーポールに進出し、スーパーポールではローゼンクヴィストが巻き返し1位に、ロッテラーは予選のタイムを上回る事ができず4位となりました。

予選でモルタラが壁に後輪ヒットして壊しながらもフィニッシュしたこれはすごかった。

https://twitter.com/FIAFormulaE/status/985103616317898752

決勝はピケJr.が乗換後ピットレーンでスローダウンしてリタイア、乗換後23週目でトップだったローゼンクヴィストが車を壊しリタイア、その後リンもクラッシュしリタイア、結果トップはバード、2位はディグラッシ、ロッテラーが最終ラップでエヴァンスを抜いて3位、2回目の表彰台となりました。一時2位を走っていたエヴァンスは最終ラップ中でバッテリーを使い切ってしまい9位まで順位を下げてしまいました。バードは今シーズン2勝目、AUDIは2位、5位で復活した感じ、マヒンドラは速さを見せるも車両にまだ問題があるように思えます。ローゼンクヴィストはこのリタイアでチャンピオンシップ的にはかなり厳しい感じになってしまいました。

ローゼンクヴィストのマシン、左リアが壊れてしまっていますが、中継では特に左リアをヒットさせたたようには見えませんでした。

チャンピオンシップはチームではテチータが1位をキープ、今回バードがトップに立ったDSヴァージンレーシングが34ポイント差で2位、今回3ポイントしか取れなかったマヒンドラが3位に後退しました。ドライバーはベルニュが1位を守り、今回優勝したバードが18ポイント差の2位、リタイアしたローゼンクヴィストが3位に後退し、ベルニュから47ポイントさとさが広がりました。結果的には、これでドライバー、チームともにチャンピオンシップが面白くなってきました。

レースリザルト

チームスタンディング

ドライバースタンディング

twitterでのライブ

会場(Google Map)

今週末視聴可能なモーターレース(2018-04-12)

自分の防備録的なもので。

4/13(金)

  • F1 中国GP FP1 11:00~ – DAZN, フジテレビNEXT
  • F1 中国GP FP2 15:00~ – DAZN, フジテレビNEXT

4/14(土)

  • F1 中国GP FP3 12:00~ – DAZN, フジテレビNEXT
  • F1 中国GP 予選 15:00~ – DAZN, フジテレビNEXT
  • NASCAR テキサス 16:00~ – 日テレG+(録画)
  • Formula E ローマ予選 18:45~ – JSports 4
  • Formula E ローマ決勝 22:30~ – JSports 4

4/15(日)

  • F1 中国GP 予選 15:10~ – DAZN, フジテレビNEXT

4/16(月)

  • Indy Car ロングビーチ 05:00~ – GAORA

4/14 Formula Eのフリー走行は予選前に順次Youtubeで中継されます(予選・決勝は日本国内からはYoutubeで見られません)

Formula E マニュファクチャラが決定

情報源: Season 6 manufacturers confirmed

FIAはFormula Eの来シーズンである、シーズン6のマニュファクチャラが決定したと発表しました。発表されたマニュファクチャラは以下の通りです。

  • Audi Sport
  • BMW AG
  • DS Automobiles
  • Jaguar Land Rover
  • Mahindra Racing
  • Mercedes-Benz
  • NextEV NIO
  • Nissan
  • Penske Autosport
  • Porsche AG
  • Venturi Automobiles

今シーズンと比べると、ルノーと日産が入れ替わり、Dragonレーシングがちゃんと(?)ペンスキーオートスポーツとしての参加、アンドレッティとテチータがいなくなり、BMWとメルセデス、ポルシェが遂に参加という事になりますかね。

個人的にはテチータ撤退でロッテラーがどこに行くんだろうというのが気になる感じですが、まぁポルシェでしょうね。